船釣りでのアジ五目(ウイリー五目)釣りの仕掛け・竿・道具、コマセ・餌についての情報をご提供。 ライトタックル(LT)ウイリーもご紹介。

アジ五目(ウイリー五目)の仕掛け・道具

このページの目次

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

アジ五目(ウイリー五目)の基本情報

オモリは80号です。

仕掛けは4.5m前後で3本バリ位のウイリー仕掛けを使用します。 サビキや胴突き仕掛けは使えませんのでご注意下さい。(夏~秋は2m位の短い仕掛けがいい事もあるので、船長にご確認ください。)

マダイとのリレーの場合は、クッションゴムの下の仕掛けだけをウィリーに変えていただくだけで、 竿やリール、テンビン、クッションゴムなど、そのまま流用できます。

マダイで残ったオキアミコマセにアミコマセを混ぜて使っていただけば、 オキアミ用のビシもそのままお使いいただけます。

関連記事
ボタン:ウイリーとは? ボタン:コマセ・餌の所要量へ

アジ五目(ウイリー五目)の竿とリール、道糸

竿は30~50号位(くわしくは「竿の号数について」をご覧下さい) 胴調子でも先調子でも構いませんが、胴調子の方がばれにくいです。 時期によっては胴調子の方が当りやすいですし、置き竿の場合は特にそうです。 マダイ竿との共用で全然問題ありません。

リールはできればカウンタ付のもの。(海面からのタナとりをするため)電動でも手巻きでもどちらでも構いません。

道糸は大体PE4~6号位です。マダイと共通で問題ありません。 3号でも強度に問題はありませんが80号オモリだと場合によってはオマツリするかもしれないので、 状況でオモリを軽くした方がいいかも知れません。 必ず1m毎にマークの入ったPEラインをお使い下さい。 巻量は200mあれば十分足ります。

この釣りはライトタックル(LT)の方が断然面白いです。

関連記事
ボタン:アジ五目(ウイリー五目)のライトタックルへ ボタン:ライトタックル(LT)とは何?へ

アジ五目(ウイリー五目)のビシとテンビン、クッションゴム

ビシは80号です。もちろんビシではなく、コマセカゴ+オモリ80号でも可。 プラビシでもステンカンでも使えます。

テンビンは腕長が30cm以上が目安。マダイと共用なら45cm以上も可。

クッションゴムは1.5mm径30cmが目安ですが、マダイと共用なら1mも可。

マダイとのリレーの場合は、クッションゴムの下の仕掛けだけをウィリーに変えていただくだけでいいです。 マダイで残ったオキアミコマセにアミコマセを混ぜて使っていただけば、 オキアミ用のビシもそのままお使いいただけます。

アジ五目(ウイリー五目)の仕掛け

仕掛けはテンビン吹流しのウィリー仕掛けを使用します。 サビキ、胴付き等、一番下にオモリが付く仕掛けは使いませんのでご注意下さい。

3本ハリ位で標準の長さは4.5mです。(2~6mの範囲も可) 扱いやすいという点では2~3mが短くていいです。また夏~秋にかけては2m位の短い仕掛けでしかもクッションゴムもなし、という方がアジが入れ食いになることがあります。 6mだとマダイ、クロダイ、ワラサ等大物も外道でかかる事があります。 時期により短いと良くないこともあるので、船長にご確認下さい。

ハリスの太さは4号推奨です。 4号でも問題なく当りますし、イナダやマダイがかかると細糸は切れやすいのです。

配列にもよると思いますが、グリーンに当る事が多いのでグリーンの混じったものを購入されるといいかも知れません。

こうゆう丸推奨仕掛けも販売中です。

仕掛けは2セット以上あった方がいいです。

ウィリーをやる場合は、船べりにマグネット板を置く(キーパーで固定)と大変便利です。 ハリ数が多いので手前マツリしやすいんですが、それがすいぶん解消されますよ。 100円ショップで売ってる安い奴で十分です。

関連記事
ボタン:ウイリーとは?

アジ五目(ウイリー五目)のコマセ、餌

コマセは、オキアミとアミのミックスを基本としています。 オキアミコマセのみだと良くないことがあります。 必要なものと量の詳細は「コマセの必要量はどの位?」をご覧下さい。

アミコマセ用のビシをご用意される場合はアミコマセのみでも全然構いません。

コマセにアジパワー(配合餌)を混ぜると効果的な事もあります。

餌は付けなくても釣れることが多いです。 餌付けの手間を考えると、ウイリーだけで釣った方が手返しがいいです。 でも条件の悪い日は餌を付けた方がいい事もあります。空バリのある仕掛けなら空バリには餌を付けて下さい。 よほど食いが悪くない限り、毛糸の巻いてあるハリには餌を付けません。

付けエサをお使いになる場合は、オキアミの他にイカタン・青イソメ、 バイオワーム比較的餌取りに強くていいかも。 指示ダナにもよりますがホタルイカ等を下のハリに付けて根魚を狙う人もいます。 付けエサの代わりにシラスや赤玉、ワームなどの疑似餌等を使ってもOK。

関連記事
ボタン:コマセ・餌の所要量へ ボタン:オキアミの付け方へ ボタン:オキアミとは・アミとはへ

アジ五目(ウイリー五目)のライトタックル(LT)

ライトタックル(LT)もお楽しみ下さい。 アジ五目(ウイリー五目)はライトタックル(LT)の方が断然楽しいです。 軽いので誘いがやりやすく、ノーマルタックルよりも引きが強く感じられます。

ノーマルタックルとの混在ですが、トラブルはあまりありません。

タックルに規定はありませんが、よくわからない方は下図を参考にして下さい。

アジ五目(LTウイリー)の道具・仕掛け図
関連記事
ボタン:ライトタックル(LT)とは何?へ