船釣りで釣った魚のさばく時の注意点、どうしてもさばけない場合の手段、生ゴミ対策、包丁の選び方などをご紹介しています。

釣った魚をさばく

このページの目次

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

魚をさばく際の注意点

魚のさばき方は、ネットで検索すると沢山紹介されています。 その中で日本さばけるプロジェクトJF(漁業協同組合)のホームページでは、 動画付きで捌き方が説明されているのでおすすめですよ。

魚をさばくのは実際に何度もやらない限りうまくなりません。失敗を恐れずにとにかくチャレンジしてみましょう。

具体的なさばく手順は上記のサイトを参考にしていただくことにして、ここでは注意点だけご説明します。

ウロコをおとす

マダイなどのウロコが硬くて大きい魚は、包丁でウロコをとるのは困難です。 ウロコ落としを別に購入しておくと便利です。 ご参考まで、こんなものです。

ウロコをとる時は、周りに飛び散ってキッチンが汚れてしまう事があります。 大き目のビニール袋の中に魚を入れて、(ちょっとやりにくいですが)その状態で作業をするか、 または持ちやすい大きさに切った大根をウロコ落としの代わりに使ってこすると、 飛び散らずにウロコをとることができます。

ウロコが飛びにくいように設計されたウロコ取りもあります。色んな形状のものがありますが、例えばこんなものです。

ヒラメやアマダイ、青物などウロコの細かい魚はウロコ落としでは落としにくく、また身が柔らかい魚に無理にウロコ落としを使おうとすると身がグズグズになってしまうこともあります。 プロは柳刃包丁を使ってあたかも薄皮をむくようにウロコをすき取るのですが、初心者がいきなりそれをやるのも大変でしょう。 そういう時はスチールたわし(金たわし)を使うといいです。あまり力を入れて押し付けないように気をつけながらこすれば簡単にウロコがとれます。

キッチンばさみは便利

魚をさばく時にヒレが手に刺さったりすることありますよね。とても痛いです。さばく前に予めヒレを切っておくといいですよ。 でもある程度大きい魚だと包丁でヒレを切るのって結構大変なのです。そこで活躍するのがキッチンばさみや水産バサミです。これだと簡単に切れます。

ヒレを切るだけじゃなくて、魚の頭を分割したい時とかにも便利ですよ。 マダイとか頭の硬い魚の頭を二つに割ったりするのはさすがに無理ですけど、例えばブリの頭を二つに割った後に肉のない部分を切り落としたい時など重宝します。 あと中骨を切断したい時にも使ったりします。

大きい魚を三枚におろそうとして、最後に中骨と腹骨がつながってる部分を包丁で切ろうとするとなかなか切れないことありませんか? 無理矢理切ろうとして身を崩してしまったりして…。そういう時もハサミは活躍します。

トゲのある魚もハサミで落としてからさばきましょう。毒トゲのあるオニカサゴとかなら尚更ハサミを使った方が無難です。

慣れない人は全部包丁でやろうとすると危ないし手も痛くなりますし、ハサミを頼った方が断然楽ですよ。

キッチンばさみはともかく水産バサミは馴染みがないかも知れませんね。例えばこんなものです。

錆びにくいですし、刃厚があってグリップも力を入れやすく硬いものでも切りやすいです。 刃の長さがあんまりないしゴツいので細かい切断には不向きですが、それ以外はなかなか使えますよ。

骨をキレイに取り除く

小さいお子さんがいるご家庭ではマダイなど骨の太い魚に関しては骨を飲み込んでしまわないよう注意が必要ですね。 下記の関連記事に残りやすい骨と取り除き方をご説明しています。

ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ

魚のカマってどこよ?

魚のカマってよく言うけど、どこのこと?わからない方もいるかも知れませんね。カマは魚の部位の中で最も脂の乗りやすい場所なので覚えときましょう。 ブリカマの塩焼きとか、焼いてるとジュージュー脂が音を立てます。もちろん美味しいんです。

魚のカマはどこか。写真画像

胸ビレを含む喉元からお腹にかけての三角ゾーンが『カマ』です。

魚のカマは2つある。写真画像

カマは左右にありますので1匹の魚から2つとれますよ。

魚をさばくのがどうしても苦手な方に

釣った魚は、家庭で料理するのも楽しいし美味しいですが、料理が不得意な方などは、 馴染みの居酒屋やお寿司屋さんがあれば、そちらに持ち込んで料理をお願いするのも手かも。 プロの手にかかった新鮮な魚の料理は美味しいと思いますよ。

一部のスーパーの鮮魚コーナーでは、有料ではありますが持ち込みの魚をさばいてくれるところがあります。自信のない人は利用してみてはいかがでしょうか。

生ゴミの臭い対策

魚をさばいた後に残る生ゴミ。暑い時期にゴミ出しできる日まで間があるようだと臭いが気になりますよね。そういう時の対策をいくつかご紹介します。

冷凍庫に保管

生ゴミを袋に入れたらゴミの日まで冷凍庫に入れてしまいます。凍ってしまえば悪臭は出ません。少量ならこれで大丈夫です。

市販の防臭袋を使う

臭いを防ぐゴミ袋が市販されているのでそれを使う手もあります。

最初の一本の包丁の選び方

小出刃がおすすめ

小出刃があればこうゆう丸で釣れる魚は全部対応できます。大きめの魚でも小さめの魚でも大丈夫です。お客さんの中でも小出刃で全部やるという方は多いですね。刺し身に切るのも小出刃でもできます。 出刃でないと背骨とか頭とか割るのはちょっと無理。でも大きい出刃は慣れてない人が扱うのは大変です。最初に一本買うなら小出刃がいいです。

鋼がおすすめ

素材は鋼がおすすめです。切れ味がいいですし、研ぎやすいので切れ味が悪くなっても簡単に元に戻せます。 ステンレスは研ぎにくくて私はあまり好きになれません。(私が下手なのもあるし、もちろんいい包丁もあるでしょうが。) ただし鋼は使い方によってはマメに研がないといけないのと、若干錆びやすいです。それでも最初の一本は鋼がおすすめです。 砥石も一緒に買った方がいいですよ。とりあえず目の細かいのと荒いのが裏表一体になってるやつでいいです。研ぎ方はネット検索するといっぱい出てきます。