船釣りで釣った魚の食べ方・料理法(マダイ・アジ・アマダイ・ホッケ・イナダ・タチウオ・レンコダイ・キジハタ・ ソイ・マルソーダ・メジナ・マダラ・ハナダイ・ウマヅラ・ムギイカ・メダイ・クロダイ・ヤリイカ等)をご紹介しています。

釣れる魚の一覧と食べ方・料理法

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン

以下は魚の調理に関する関連記事のリストです。クリックすると別ページへ移動します

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

魚種別の食べ方・料理法・レシピ(50音順)

ここでは具体的なレシピはあんまり書いてありませんが、ネットで検索すれば見られます。詳しくはそちらでご覧下さい。 例えば「アマダイ 酒蒸し」と2つのキーワードで検索してみると、 アマダイの酒蒸しのレシピを紹介しているホームページが沢山出てきます。

アイナメ

アイナメ写真画像

ホッケと間違える人が多いと思いますが、味は全然違います。 ホッケも美味しいけど高級魚という観点ではアイナメに軍配が上がります。

こうゆう丸ではアイナメを専門には狙っていませんが、ひとつテンヤタイラバアジ泳がせ五目オニカサゴ釣りなどの外道で釣れます。

アイナメとホッケの見分け方もご覧ください。

アイナメの食べ方・料理法

刺し身(皮が美味しいので焼き霜湯引きも)、昆布締めなめろうカルパッチョ唐揚げソテームニエル天ぷら南蛮漬け煮付け潮汁・お吸い物、唐揚げソテー、しじゅう飯など。

肝、内臓なども美味しく食べられます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • アイナメはとりあえず刺身ですね。細い骨があるから子どもたちはあんまり好まないんだけど、 脂ののった身はたまりません。

アオハタ

アオハタ写真画像

秋にアマダイ釣りの外道で釣れます。ハタ類ですから美味しいですよ。

キジハタとアオハタの見分け方もご覧ください。

アオハタの食べ方・料理法

刺し身中華蒸し酒蒸し煮付け唐揚げフライアラ汁、味噌汁、ソテームニエルアクアパッツァなど。

アカムツ(ノドグロ)

アカムツ写真画像

白身のトロと言われるほど脂ののった超高級魚です。一度は釣って食べていただきたいです。

アカムツ釣りとして夏から秋にかけて専門に狙っています。

アカムツの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アカムツ食べ方のページへ ボタン:アカムツ食べ方:お客様からの情報のページへ

アジ

アジ写真画像

近年昔ほどには釣れなくなってきていますが、 群れに当たれば簡単に釣れてしかも美味しくビギナーからベテランまで愛される魚です。

アジ五目で専門に狙う他、コマセマダイ釣りサビキ五目タチウオ釣りなどでも釣れます。

アジの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アジ食べ方のページへ ボタン:アジ食べ方:お客様からの情報のページへ

アマダイ

アマダイ写真画像

アマダイは食べたいがために釣る美味しい高級魚です。難しいテクニックなく比較的簡単に釣れます。 こうゆう丸では秋から冬にアマダイ釣りとして専門に狙います。 ひとつテンヤで上がることもあります。

アマダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アマダイ食べ方のページへ ボタン:アマダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

アラ

アラ写真画像

幻の魚とも言われる『超』がつく高級魚で美味。専門には狙っていませんが、 オニカサゴ釣りアカムツ釣りなどの釣りの外道で顔を出します。 釣れたらぜひ持ち帰ってください。

言わずと知れた超高級魚。できれば5日ほど寝かせた方が旨味が増します。

アラを初めて食べるなら

刺し身か鍋をオススメします。鍋は最後に雑炊にするといいでしょう。美味しい出汁が出ています。

その他のおすすめアラ料理

炙り湯引きカルパッチョ塩焼き煮付けソテーアクアパッツァ酒蒸し唐揚げ、かぶと煮、かぶと焼き、ホイル焼しゃぶしゃぶ味噌漬け骨蒸しなど。

肝や胃袋も美味しく食べられます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 先日の「アラ」(1kgちょっと位)食べました。釣った日に、少しだけ薄切りにして刺身で食べましたが、これはこれで十分おいしかったです。 残りは5日ほど寝かせてみました。結果は「激ウマ」。別物に化けました。 あのサイズでもさすが高級魚という感じです。 刺身が特別好きというわけではない私の母親に「釣り代出すからまた釣って来い」と言われました。

イサキ

イサキ写真画像

イサキは新潟県ではあまり馴染みのない魚ですよね。最近徐々に増えてきているんです。 マダイの外道で春から秋にかけて釣れます。 基本的にアジと似たものだと思ってもらえれば料理もイメージしやすいと思います。

イサキは専門には狙っていませんが、コマセマダイ釣りアジ五目サビキ五目などで釣れます。

イサキの食べ方・料理法

刺し身炙り湯引きたたき昆布締めヅケも)、 干物アクアパッツァソテームニエルアラ汁ブイヤベース塩焼き煮付けフライ蒲焼なめろうカルパッチョしゃぶしゃぶ唐揚げ松笠揚げ酒蒸し味噌漬け、天ぷら南蛮漬け中華蒸し など

白子や真子も美味しく食べられます。

イシダイ

イシダイ写真画像

マダイの外道で釣れます。元々美味しい魚ですが特に冬のイシダイは非常に美味です。

イシダイは専門には狙っていませんが、コマセマダイ釣りアジ五目サビキ五目などで釣れます。

イシダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:イシダイ食べ方のページへ ボタン:イシダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

イナダ・ワラサ・ブリ

ブリ写真画像

引きが強くて美味。餌釣りのお客さん、ジギングのお客さん両方から愛される魚です。 7kg以上のブリクラスになると脂のノリと旨味はこたえられません。

ジギング青物五目がメインになります。寒ブリ狙いならやはりジギングです。 コマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバアジ五目サビキ五目などでも外道で上がります。

ブリとヒラマサ、カンパチの見分け方もご覧ください。

イナダ・ワラサ・ブリの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:イナダ・ワラサ・ブリの食べ方のページへ ボタン:イナダ・ワラサ・ブリ食べ方:お客様からの情報のページへ

イネゴチ

イネゴチ写真画像

高級魚のマゴチに比べてしまうと食味はやや劣りますがそれでも美味しい魚ですから是非持ち帰ってみてください。 外見がワニゴチと似ています。ワニゴチは口が長くやや細く締まっています。 黒目の上部にある膜がワニゴチは草木を逆さにしたような複雑な模様であるのに対して、 イネゴチは丸っこい単純な形です。

食べ方はマゴチと一緒です。マゴチの記事をご覧ください。

ウスバハギ

ウスバハギ写真画像

マダイの外道で秋に釣れます。特異な容貌で初めて釣った方は若干引くかも知れませんが、 クセのない白身でカワハギやウマヅラと同じようなものとお考えください。 さばくのも難しくないです。 大きい肝が入っていますので肝和えできますし、揚げ物、鍋なんかも美味しいです。

コマセマダイ釣りひとつテンヤなどで外道として釣れます。

ウスバハギの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ウスバハギ食べ方のページへ ボタン:ウスバハギ食べ方:お客様からの情報のページへ

ウスメバル(沖メバル)

ウスメバル写真画像

釣り人でないとあんまり馴染みがないのですが塩焼きが絶品です。

春の沖メバル釣りの他、アカムツ釣りオニカサゴ釣りなどの外道で釣れることがあります。

沖メバルの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:沖メバル食べ方のページへ ボタン:沖メバル食べ方:お客様からの情報のページへ

ウッカリカサゴ(カンコ)

ウッカリカサゴ写真画像

カサゴとそっくりな美味しい根魚です。関東ではカンコと呼ばれます。専門には狙っていませんが、 オニカサゴ釣りアカムツ釣りひとつテンヤタイラバなどの釣りの外道で顔を出します。

カサゴとウッカリカサゴの見分け方もご覧ください。

ウッカリカサゴの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ウッカリカサゴ食べ方のページへ ボタン:ウッカリカサゴ食べ方:お客様からの情報のページへ

ウマヅラ

ウマヅラ写真画像

邪魔者の餌取りの代表格でありながら、美味しいので良型が釣れると喜ばれます。 食べたことない方はとりあえず肝和えを是非。 さばくのも簡単です。

専門にウマヅラを狙うメニューもあるにはあるのですがあまり人気がなくて(笑) ほとんどやっていません。 コマセマダイ釣りアジ五目サビキ五目ひとつテンヤなどで釣れています。

ウマヅラの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ウマヅラ(ウマヅラハギ)の食べ方・料理法・レシピへ ボタン:ウマヅラ(ウマヅラハギ)のお客様の評判・料理

エソ

エソ写真画像

アマダイ釣りひとつテンヤタイラバの外道でも釣れることがあります。 カマボコの材料になる魚です。

エソの食べ方・料理法

ほんの細い小骨が多いので、すり身にする事が多いです。つみれ汁さつま揚げ(チーズなんか入れるとお子さん喜ぶかも)、 かまぼこ、 さんが焼きなんかがいいですよ。他に天ぷら(小骨を抜くか骨切りしてください)、 酢味噌和え(小骨を切るように身を薄めに切ります)、とんとんずしも。

細い骨なら気にならないという方は煮付けも美味しいですよ。

小さいのは干物が美味しいです。

お客さんから教えてもらったエソのさばき方動画を下にご紹介しますね。 このやり方だと骨がだいぶよく取れるようです。 骨の問題さえ解決できれば、本来美味しくない魚ではないのでもっといろんな料理が楽しめるでしょう。これは画期的。 フライがホントに旨そうです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『エソはさつま揚げにして美味しくいただきました。』
  • 『エソはさつま揚げのようにして甘酢あんかけで美味しくいただきました。』
  • 『エソつみれ汁にしました。最高です。骨切りして、刺身で1切れ食べてみましたがそれも美味しいですよ。』
  • 先日も初めてエソが釣れたのせっかくなので薩摩揚げにしていただきました。ぷりぷりしていて家族には大好評でした。釣れたて、揚げたては最高です。 エソのさつま揚げ写真画像
  • ジャンボエソはフードプロセッサを使ってさつま揚げに。すごく美味しかったですよ。 エソのさつま揚げすり身写真画像 エソのさつま揚げ完成品写真画像

オニカサゴ

オニカサゴ写真画像

魚屋さんにはまず売っていない、釣らなければなかなか手に入らない美味高級魚です。

専門に狙うオニカサゴ釣りの他に、 ひとつテンヤタイラバで釣れることがあります。

オニカサゴの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:オニカサゴ食べ方のページへ ボタン:オニカサゴ食べ方:お客様からの情報のページへ

カガミダイ

カガミダイ写真画像

食べ方に関しては、マトウダイとほとんど一緒なのでマトウダイの項目をご覧ください。

カサゴ

カサゴ写真画像

主にアジ泳がせ釣りで釣れます。岸からは釣れないようなビッグワンもたまに顔を出しますよ。 他にひとつテンヤタイラバサビキ五目でも。

カサゴとウッカリカサゴの見分け方もご覧ください。

カサゴの食べ方・料理法

ウッカリカサゴの食べ方・料理法のページをご覧ください。料理としてはほとんど共通です。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 根魚ありがとうございました、キジハタ・カサゴ美味しく頂きました、刺身・サラダ・煮付け・アンカケ・蒸し物と多彩な料理を満喫しました、又お願いします。
  • (4月にタイラバの外道で釣ったお客さん)ソイとカサゴをでシンプルに半身を塩焼、半身煮て食べました。この時期の根魚は初めてでしたがマダイより美味しいですね♪美味しかった~
  • カサゴを湯霜にしました。(右側はキジハタ刺し身。)旨味があって美味しかったです。半身は南蛮漬けにしました。 カサゴの湯霜キジハタ刺身写真画像

カンダイ

カンダイ写真画像

コブダイとも呼ばれるカンダイはおでこのコブが特徴です。 漢字では『寒鯛と書き、寒い時期は非常に美味。寒い時期でなくても癖のない白身は色んな料理で楽しめます。 カンダイは磯臭いという話も聞きますが、メジナ同様に沖で船で釣れたものはそういう経験が今までまったくありません。

コマセマダイ釣りひとつテンヤなどで釣れます。

カンダイの食べ方・料理法

刺し身炙り焼き霜湯引きも)、しゃぶしゃぶ酒蒸し中華蒸し煮付けアラ煮唐揚げフライムニエル、味噌汁、味噌漬け、幽庵焼きなど。

が美味しいので湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

アラも美味しくいただけます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • カンダイは中華蒸しにしました。皮がこれでもかってくらい旨味がありびっくりしました。

カンパチ

カンパチ写真画像

マダイの外道で秋に釣れます。この辺で釣れるのはせいぜい1kg位までです。 小さくてもカンパチの味はしますよ。 水温が低下すると死滅するものだと思いますので小さくても遠慮なくお持ち帰りください。

コマセマダイ釣りアジ五目などで釣れます。

ブリ、ヒラマサ、カンパチの見分け方もご覧ください。

カンパチの食べ方・料理法

刺し身炙りヅケも)、 昆布締めカルパッチョアラ煮照り焼き西京焼きアラ汁など。

キジハタ

キジハタ写真画像

主にアジ泳がせ釣りで、他にひとつテンヤタイラバコマセマダイサビキ五目の外道でも釣れることがあります。 キジハタはハタの仲間の中でも一番美味しいとされている魚です。

キジハタとアオハタの見分け方もご覧ください。

キジハタの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:キジハタ食べ方のページへ ボタン:キジハタ食べ方:お客様からの情報のページへ

キツネメバル(マゾイ)

キツネメバル(マゾイ)写真画像

美味しい根魚です。専門には狙っていませんが、 泳がせ五目ひとつテンヤアカムツ釣り タイラバサビキ五目などの釣りの外道で顔を出します。

クロソイに似ていますが、刺し身で食べてみると味が違います。一般的な評価ではキツネメバルの方が上位の位置づけです。 クロソイとキツネメバルの見分け方もご覧ください。

キツネメバル(マゾイ)の食べ方・料理法

刺し身炙り焼き霜湯引きも)、 ムニエルソテー煮付けアラ煮しゃぶしゃぶ酒蒸し唐揚げカルパッチョ中華蒸し天ぷらアクアパッツァなど。

が美味しいので湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられます。

アラは美味しい出汁がとれるので捨てないでください。潮汁や味噌汁、鍋、アクアパッツァなどで絶品の出汁をいただきましょう。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

クロソイ

クロソイ写真画像

美味しい根魚です。専門には狙っていませんが、 コマセマダイ釣り泳がせ五目ひとつテンヤタイラバアジ五目サビキ五目などいろんな釣りの外道で顔を出します。

クロソイとキツネメバルの見分け方もご覧ください。

クロソイの食べ方・料理法

刺身(皮付きで湯引きしても美味しい)、煮付け味噌漬けアラ汁唐揚げの甘酢餡かけなど。

皮が美味しい魚なので皮だけを串焼きにしたり、皮を湯通ししてポン酢やわさび醤油で食べたりすると美味しいです。ウロコ付きのまま唐揚げにしても美味しいです。

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられますよ。アラはいい出汁がとれるので捨てないでください。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • (4月にタイラバの外道で釣ったお客さん)ソイとカサゴをでシンプルに半身を塩焼、半身煮て食べました。この時期の根魚は初めてでしたがマダイより美味しいですね♪美味しかった~

クロダイ

クロダイ写真画像

主にコマセマダイの外道で釣れるのですが、めちゃめちゃ脂のノリがいい事が多いので、是非持ち帰って食べてみてください。 アジ五目でも釣れたことあります。

クロダイの食べ方・料理法

刺し身(炙りも)、塩焼き煮付け甘露煮アラ煮唐揚げフライムニエルづけしゃぶしゃぶ昆布締めホイル焼味噌漬けカルパッチョ朴葉味噌焼き中華蒸し酒蒸しアクアパッツァアラ汁、等

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

サバ

サバ写真画像

コマセマダイジギングアジ五目ひとつテンヤサビキ五目などで釣れます。

写真はマサバですがゴマサバが釣れ盛ることもあります。 晩秋のサバは脂のノリがよく美味です。 サバは背中のウネウネ模様が特徴です。

サバの食べ方・料理法

締めサバ味噌煮鯖寿司、 みりん干し、博多名物『ごまさば』

サバはアニサキスがいる可能性もありますのでご注意を。(参考:アニサキスに注意

サワラ

サワラ写真画像

歯が鋭くてジグや仕掛けを切っていく嫌われ者でありながら、釣り上がりさえすれば皆さん喜んで持ち帰る美味魚です。

ジギングがメインになりますが、コマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバなどでも外道で上がります。

サワラの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:サワラ食べ方のページへ ボタン:サワラの食べ方:お客様からの情報のページへ

シイラ

写真画像は準備中

秋の大型シイラは生で食べ過ぎるとお腹こわすくらい脂が乗っています。そうでなくてもクセがなくフライやムニエルなどにするととても美味しい魚です。 ハワイではマヒマヒと呼ばれ料理でポピュラーな魚です。

ジギングコマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバなどで釣れます。

シイラの食べ方・料理法

刺身カルパッチョ昆布締めムニエルフライフィッシュアンドチップス味噌漬けなど

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『シイラのフライは旨いんだよなぁ。』

スズキ

写真画像は準備中

癖のない淡白な白身で大抵の料理でそつなく美味しく食べられる魚です。 大きくなるとメータークラスになります。

ジギングコマセマダイ釣り泳がせ五目ひとつテンヤタイラバなどで釣れます。

スズキの食べ方・料理法

刺し身(炙りも意外と美味しい)、塩焼き煮付け唐揚げフライムニエルソテーづけ照り焼き南蛮漬け昆布締めホイル焼しゃぶしゃぶソテー味噌漬けカルパッチョ天ぷら中華蒸し酒蒸しアクアパッツァ

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられます。

も湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

スミイカ(コウイカ)

スミイカ写真画像

スミイカは歯応えと甘みが楽しめるイカです。こうゆう丸では2月にスミイカ釣りとして専門に狙います。

スミイカの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:スミイカ食べ方のページへ ボタン:スミイカの食べ方:お客様からの情報のページへ

ソウハチ(カレイ)

ソウハチ写真画像

夏にオニカサゴやマダラとのリレーでソウハチ専門で狙ったり、 マダラ釣りマダラジギングの外道で釣れたりもします。

特に干物が絶賛されます。

ソウハチの食べ方・料理法

刺身(エンガワもね)、から揚げあんかけもグッド)、干物塩焼き煮付け味噌煮揚げびたしなど

特に干物は絶賛される方が多いですよ。お客さんが船上で干したものは激ウマだったそうです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『久しぶりに宗八一夜干し堪能させていただきました。家族も大喜びでした。』 (船長注:以前北海道でソウハチを食べた味が忘れられなくて釣りたかったという方が結構おられるんですよ。)
  • 『船の備品のタワシでヌメリを取り、腑を抜いて干したソウハチガレイは絶品ですね。』
  • 『先日の船上干ししたホッケと宗八‼️期待通りの旨さでした。』
  • 『ソウハチカレイの一夜干しは独特の風味が旨みに変わり絶品でした。』 ソウハチ一夜干し写真画像 ソウハチ一夜干し写真画像

タチウオ

タチウオ写真画像

釣って面白く食べて美味しい夏の人気ターゲットです。3枚におろすのでなければウロコもないし簡単にさばけるのもポイント高いです。

タチウオ専門に狙っていますが、 SLジギングやコマセマダイ釣りで釣れることもあります。

タチウオの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:タチウオ食べ方のページへ ボタン:タチウオ食べ方:お客様からの情報のページへ

タマガンゾウビラメ

タマガンゾウビラメ写真画像

秋にアマダイ釣りの外道で釣れます。小さいし見た目がパッとしないので海に放す方が多いのですが、 まず生きられないのでリリースにはなりません。 意外と美味しい魚なので捨てるよりは持って帰って食べていただければと思います。 ムシガレイに似ていますが、よく見るとヒラメと同じ左側に目があることがおわかりいただけます。

タマガンゾウビラメの食べ方・料理法

小さいので身が少ししかとれないですが刺し身で美味しいです。脂ノリノリとかじゃなくて、噛んでるとじわじわ旨みが出てくる感じ。 地元の漁師さんも持ち帰って食べます。 刺し身をとった残りの骨も乾燥させて揚げれば骨せんべいにして美味しくいただけます。

昆布締め干物、 丸ごと唐揚げ塩焼きでも。

この辺の海だと小さいのばかりですけど、大きければ煮付けやムニエルでも。

チカメキントキ

チカメキントキ写真画像

チカメキントキは近年増えてきた魚です。あまり魚屋さんでは見ないかと思いますが美味しい魚です。 こうゆう丸ではコマセマダイひとつテンヤジギング沖メバル釣りなどで釣れることがあります。

チカメキントキを初めて食べるなら

チカメキントキを初めて釣ったという方には、お刺身、ウロコのついたままの皮を素揚げ、 アラで汁物と3種の料理を楽しむのをオススメしますよ。

その他のおすすめチカメキントキ料理

刺し身(皮付きで炙っても)、塩焼きフライ煮付けアラ煮ソテー、皮の唐揚げ(ウロコ付きのまま松笠揚げも美味)や湯引き、 魚すきカルパッチョなど。

アラは出汁がとれるので汁物もおいしい。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • (イタリアンのシェフの方)『3枚におろしてアラで出汁を取り、味噌とクリームに合わせてソースを作り、 身はソテーにして、皮は小麦粉を付けて揚げて付け合わせにしました。美味しかったですヨ。』
  • (4月に沖メバル釣りで)ゲストのチカメキントキは下処理をして、ウスメバルと一緒に3日寝かせて刺身で頂いたけどコレまた最高でした。最近食べた刺身の中で1番かもしれません。

ドンコ

写真画像は準備中

ドンコは滅多に釣れません。マダラ釣りアカムツ釣りなどの外道で釣れる事があります。

それと見た目あんまり美味しそうじゃないですけどね(汗)身はたんぱくであっさり。実は肝が美味しい魚なんです。 アンコウをイメージしていただけば近いです。是非持ち帰って食べてください。

ドンコの食べ方・料理法

刺し身(肝和え・肝醤油)なめろう(是非肝も混ぜて)、 昆布締め、どんこ汁(味噌で。是非肝も入れて)、 フライ唐揚げホイル焼き煮付け(普通の煮付けの他に肝味噌煮も)など。

どんこ特有のそぼろ料理もあります。身と肝を炒って身を崩すようにしてそぼろにします。味付けは味噌と酒、砂糖などお好みで。 ご飯のお供やお酒のアテにも。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • (初めてドンコを釣ったお客さん。見た目にちょっと引いてたけど美味しいからと持って帰っていただきました。) ドンコは肝和え、汁物で食べましたが、予想以上に旨かったです。

ハガツオ

ハガツオ写真画像

めったに釣れないんですけど、釣れたら間違いなく美味です。

ジギングひとつテンヤタイラバなどで釣れる可能性があります。

ハガツオの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ハガツオ食べ方のページへ ボタン:ハガツオ食べ方:お客様からの情報のページへ

ハナダイ

ハナダイ写真画像

年にもよりますが初夏にマダイの外道でいいハナダイが釣れます。マダイの方は乗っ込み時期で味が一段落ちますが、ハナダイは旬。美味しいです。

コマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバなどで釣れます。

マダイ、ハナダイ、レンコダイの見分け方もご覧ください。

ハナダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ハナダイ食べ方のページへ ボタン:ハナダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

ヒメ

写真画像は準備中

アマダイ釣りオニカサゴ釣りなどで釣れます。

小骨がある魚で、刺身だと味もイマイチです。でも一手間かけると実は美味しい魚です。

唐揚げつみれ汁さつま揚げ天ぷらなど。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『ヒメは干物にするとマジで旨いです。』

ヒラマサ

ヒラマサ写真画像

秋にコマセマダイジギングひとつテンヤタイラバの時に釣れます。

外見はワラサそっくりなのに味は違い、同サイズのワラサより引きが強く、 しかもかなり美味なのでお客さんに非常に人気があります。

ブリ、ヒラマサ、カンパチの見分け方もご覧ください。

ヒラマサの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ヒラマサ食べ方のページへ ボタン:ヒラマサ食べ方:お客様からの情報のページへ

ヒラメ

ヒラメ写真画像

釣って面白く、食べて美味しい、言わずと知れた高級魚。厳寒期や初夏の頃が美味しいです。

アジ泳がせ五目ひとつテンヤタイラバジギングサビキ五目などで上がります。

ヒラメの食べ方・料理法

刺し身昆布締め肝和えでも。 エンガワも食べてくださいね)、漬け丼カルパッチョムニエル煮付けホイル焼き骨せんべい塩焼き唐揚げフィッシュアンドチップス中華蒸し骨蒸し冷や汁しゃぶしゃぶ皮せんべいなど。

肝や胃袋真子・白子も美味しく食べられます。も美味しいです。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • ヒラメの(キウイ)ソースと縁側のキムチ和え。 家内にいたく好評です。 ヒラメのカルパッチョキウイソース写真画像
  • ヒラメのエンガワキムチ和え写真画像

ベラ

写真画像は準備中

リリースされる方も多いですが、関西では美味しい魚としてポピュラーです。 癖のない淡白な白身です。

アジ泳がせ五目ひとつテンヤサビキ五目などで上がります。

ベラの食べ方・料理法

刺し身湯引きも)、 唐揚げ、 すり身にしてさつま揚げ、煮付けフライムニエル干物素揚げ南蛮漬け酢じめ塩焼き塩釜、素焼きして酢漬けなど。

ホウボウ

ホウボウ写真画像

見た目が変わってるし馴染みがないのでリリースされる方もおられますが、実はかなり美味しい魚なんです。 脂ノリノリというよりも身の旨味・甘みが楽しめます。

アジ泳がせ五目ひとつテンヤタイラバなどで上がります。

ホウボウを初めて食べるなら

身は刺し身炙り昆布締めヅケカルパッチョも)、 アラはアラ汁(いい出汁が出る。もちろん身を入れても美味)がいいと思いますよ。

その他のおすすめホウボウ料理

煮付け、煮こごり(知る人ぞ知る美味)、塩焼き味噌漬けムニエルソテー幽庵焼き唐揚げ干物フライ天ぷらちり鍋アヒージョブイヤベースあんかけアクアパッツァ酒蒸し骨蒸し中華蒸ししゃぶしゃぶ骨せんべいなど。

胃袋、浮袋も美味しく食べられます。 も美味しいです。茹でてポン酢などで。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • ホウボウの刺身、旨かったです。(2月にアマダイの外道で釣れたお客さん)

ホッケ

ホッケ写真画像

夏にマダラ釣りマダラジギングの外道で釣れるホッケは脂が乗って大好評です。

ホッケとアイナメの見分け方もご覧ください。

ホッケの食べ方・料理法

船上干しの開き(冷蔵庫干しも)、 フライ煮付け蒲焼冷や汁など。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『ホッケのナンプラー漬けの一夜干し、最高でしたよ(^^♪ 普通の塩水にナンプラーを足すだけで旨味も焼き色も一味変わりますよ(^_-)-☆ 』 ホッケのナンプラー漬け一夜干し写真画像
  • (7月にマダラの外道でホッケを釣ったお客さん)『マダラも美味しくいただきましたが、 1匹釣れたホッケの一夜干しがあり得ないくらい美味かったです。脂ののりも最高で、 今まで食べたホッケとは比べ物にならないです。衝撃でした。』
  • 『マダラの外道で釣れたホッケ。小さかったのでつみれ汁にしました。プリプリで美味しいですよ。』
  • 『先日の船上干ししたホッケと宗八‼️期待通りの旨さでした。』
  • 『先日のホッケ、フライにして食べてみました。柔らかいし脂ものって美味しいですね。子どもも喜びました。』
  • 『昨日釣れたホッケを刺身にしてみました。 脂の乗りはいまいちでしたが、アニサキスに気をつけて食べてみたら、独特の食感と甘味があり、とても美味しかったです。 又船上で乾したホッケの開きもグッドでした。』

マガレイ・マコガレイ

マガレイ・マコガレイ写真画像

比較的簡単に釣れてしかも美味しくビギナーの方にも釣りの楽しさを味わっていただきやすい魚です。 ホクホクした白身が楽しめます。

春にカレイ釣りとして専門に狙っています。

マガレイとマコガレイの見分け方もご覧ください。

マガレイ・マコガレイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マガレイ・マコガレイ食べ方のページへ ボタン:マガレイ・マコガレイ食べ方:お客様からの情報のページへ

マゴチ

マゴチ写真画像

旨味のある美味しい白身魚です。馴染みが薄くとっつきにくいかも知れませんが絶対持ち帰っていただきたいです。 マゴチは独特の形状をしているので、ネットで捌き方を調べてからやった方がいいかも知れませんね。 アジ泳がせ五目ひとつテンヤサビキ五目で釣れることがあります。

イネゴチもマゴチと一緒の食べ方・料理法でいいですよ。

マゴチを初めて食べるなら

刺し身をおすすめします。

残ったアラも捨てずにアラ汁にしてください。マゴチのアラはいい出汁が出るのです。

その他のおすすめマゴチ料理

天ぷら唐揚げ煮付けアラ煮塩焼きソテー奉書蒸しなど。

肝、胃袋白子、真子も美味しく食べられます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 『釣ったマゴチ・キジハタですが、船長のおすすめ通りに刺身&アラは味噌汁にしてみた所、どちらも絶品でした。 特にマゴチの刺身は、子どもも妻も大喜びでした。』

マダイ(真鯛)

マダイ写真画像

引きが強くて、姿が美しく、食べても美味しい、釣魚の王様です。 2~4月は特に食べて美味しく、お客さんに大評判です。

コマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバジギング、などで釣れます。

マダイ、ハナダイ、レンコダイの見分け方もご覧ください。

マダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マダイ食べ方のページへ ボタン:マダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

マダラ

マダラ写真画像

夏のマダラは身が旨く肝も大きいです。白子や真子を持つ個体もいます。 釣ったマダラはお店で買ったものとは味が全然違います。

夏から秋にかけて、マダラ釣りマダラジギングで専門に狙っています。

マダラの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マダラ食べ方のページへ ボタン:マダラ食べ方:お客様からの情報のページへ

マトウダイ

マトウダイ写真画像

マトウダイは脂ノリノリというような魚ではありませんが、噛んでるとじわっと旨味が出てきます。カワハギなどに近い魚で大きい肝も入っています。 フランス料理では重要な魚の一つ。皮は手でむけますし捌くのは簡単なので是非食べていただきたいと思います。

ジギングひとつテンヤタイラバなどで外道で上がります。

マトウダイの食べ方・料理法

刺身昆布締めカルパッチョムニエル煮付け、 鍋、アラ汁、味噌汁、 フライ唐揚げ西京漬け、 幽庵焼き、 塩焼き、ブイヤベースなど

アラ肝、真子なども美味しくいただけます。捨てないでくださいね。

お寿司屋さんで食べたカガミダイのの串焼き、とっても美味しかったです。マトウダイも美味しいはず。

マトウダイはまれにアニサキスがいる可能性もありますのでご注意を。(参考:アニサキスに注意

マハタ

マハタ写真画像

マハタは美味高級魚の一つ。残念ながら能生近辺では釣れるのが1kg前後がほとんどです。 それでも美味しいですからね。釣れたら是非持ち帰ってみてください。

アジ泳がせ五目ジギングひとつテンヤタイラバなどで外道で上がります。

マハタの食べ方・料理法

刺身湯引きも)、塩焼きソテームニエルアラ煮煮付けフライしゃぶしゃぶ、アラ汁、味噌汁、兜焼き、アクアパッツァ唐揚げホイル焼きなど。

アラ内蔵なども美味しくいただけます。捨てないでくださいね。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

マルソウダ(ソウダガツオ)

写真画像は準備中

リリースする方多いんですけどね。釣った後の処理をしっかりすればカツオに似て非常に美味です。

ジギングコマセマダイ釣りひとつテンヤタイラバなどで外道で上がります。

マルソウダの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マルソウダ食べ方のページへ ボタン:マルソウダ食べ方:お客様からの情報のページへ

ミシマオコゼ

写真画像は準備中

アマダイ釣りオニカサゴ釣りなどで釣れます。

ミシマオコゼの食べ方・料理法

刺し身は基本的に薄造りで。他に唐揚げ天ぷらフライソテー、味噌汁、鍋、 煮付けマース煮干物など。

胃、肝なども食べられます。身と一緒に料理してもいいです。 汁物鍋物や煮付けが美味しくなります。 またこれらだけを湯通ししてポン酢なんかで食べても美味しいです。

頭は出汁が出るので汁物鍋物は一緒に入れましょう。毒はないですけど頭のトゲは危ないので切っておいた方が無難です。

結構大きい卵巣(真子)が入ってることもあります。これも美味しくいただけますよ。

ミズダコ

写真画像は準備中

マダラ釣りソウハチ釣りの時に外道で上がることがあります。

ミズダコの食べ方・料理法

刺し身(湯引きも)、吸盤は湯通ししてポン酢で、マリネカルパッチョなめろう唐揚げ、たこ飯、ガーリック炒め、タコキムチ、たこ焼き、タコ焼きそば、アヒージョしゃぶしゃぶ、冷シャブなど。

卵も食べられます。北海道では”たこまんま”と呼ばれ親しまれています。クリーム色のボールみたいなヤツで皮を破ると中身が出てきます。 新鮮なものは生でも。茹でてポン酢で、醤油漬け、煮付け、塩辛など。

ムギイカ(スルメイカ)

ムギイカ写真画像

ムギイカはまだ小さ目のスルメイカの事。身が柔らかく美味しいのです。 釣れる時はズラズラと多点掛けとなり、ずっしりした重みが楽しめるイカです。 こうゆう丸では6~7月位にムギイカ釣りとして専門に狙います。

イカの見分け方もご覧ください。

ムギイカの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ムギイカ食べ方のページへ ボタン:ムギイカ食べ方:お客様からの情報のページへ

メジナ

メジナ写真画像

沖のメジナは美味しいんですよ。磯のメジナとはまったく別物です。 一般的には冬が美味しいとされていますが、この辺では夏のメジナが脂が乗って刺し身で非常に美味しく、 マダイより美味しかったと言うお客さん続出しています。コマセマダイの外道、 アジ五目サビキ五目で釣れます。

メジナの食べ方・料理法

メジナは刺身炙り湯引きも)、 煮付け唐揚げヅケカルパッチョムニエルアヒージョアクアパッツァアラ汁等が定番です。 刺身は皮を残して湯引きしても美味しいです。 塩釜も美味しいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • しゃぶしゃぶも美味しいです。皮を残してやや厚めに切ります。  皮が食べやすくなる位まで長めにしゃぶしゃぶして下さい。
  • (夏に釣ったお客さん)マダイとメジナを刺し身にしましたが、メジナの方が圧倒的に旨くてすぐなくなってしまいました。
  • (6月に釣ったお客さん)先日はありがとうございました。メジナが釣れたのですが、これは刺し身で旨かったですね。 多分初めて良い型を釣ったのですが、確かにマダイよりも脂がのって旨かったです。

メダイ

メダイ写真画像

冬から春にかけて釣れるメダイは脂ノリノリでとても美味しいです。 表皮の粘液が多くて美味しさを知らないと嫌がる人もいるのですが「まあ騙されたと思って」と持って帰っていただくと絶対に「美味しかった!また釣りたい!」とおっしゃいます。 コマセマダイの外道が主ですがアカムツ釣りの外道で釣れることもあります。

メダイの食べ方・料理法

刺身漬け昆布締めカルパッチョも)、しゃぶしゃぶ味噌漬け、粕漬け、照り焼き昆布締め唐揚げムニエル、、煮付けなどなど。

頭部も肉が結構あるので、捨てずに煮付けなどで味わってくださいね。

表皮のヌメリが多いのが難点ですが、初めに丸めた新聞紙でぬぐうといいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

  • 皮の部分も捨てないで下さい。湯引きして酢味噌で食べたり、  ひも状に切って串に縫い刺しにして焼き軽く塩を振ってやると美味しいおつまみになるそうですよ。
  • お刺身は皮をむいても美味しいのですが、皮付きの方がより美味しいそうです。 カツオのタタキのように、皮面を軽く焼いてやるといいそうですよ。
  • メダイは引きも良かったですが味は絶品でした。

メバル

メバル写真画像

写真は黒っぽいですが、金色に輝くのもいます。どんな料理でも美味しいオールラウンダーです。 浅場で行う様々な釣り物で釣れる可能性があります。早春がもっとも美味です。

コマセマダイの外道、アジ五目サビキ五目アジ泳がせ五目ひとつテンヤで釣れます。

メバルの食べ方・料理法

刺し身カルパッチョ塩焼き煮付け甘露煮アクアパッツァ唐揚げ朴葉味噌焼きムニエル天ぷら中華蒸しアヒージョなど。

個人的にはですが、沖メバル(ウスメバル)は塩焼き、黒メバル(メバル)は煮付けの方が好きですね。 お刺身は肝醤油なら濃厚な美味しさに。

ヤリイカ

ヤリイカ写真画像

ヤリイカは繊細な釣り味と甘みが楽しめるイカです。 こうゆう丸では12~2月にヤリイカ釣りとして専門に狙います。

イカの見分け方もご覧ください。

ヤリイカの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ヤリイカ食べ方のページへ ボタン:ヤリイカの食べ方:お客様からの情報のページへ

レンコダイ(キダイ)

レンコダイ写真画像

アマダイ釣りオニカサゴ釣りアジ五目サビキ五目ひとつテンヤタイラバで釣れます。

体色に黄色が混じるのでマダイやハナダイと見分けられると思います。

レンコダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:レンコダイ食べ方のページへ ボタン:レンコダイの食べ方:お客様からの情報のページへ
関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法