船釣りで釣った魚の食べ方・料理法(マダイ・アジ・アマダイ・ホッケ・イナダ・タチウオ・レンコダイ・キジハタ・ ソイ・マルソーダ・メジナ・マダラ・ハナダイ・ウマヅラ・ムギイカ・メダイ・クロダイ・ヤリイカ等)をご紹介しています。

釣れる魚の一覧と食べ方・料理法

このページの目次

以下は魚の調理に関する関連記事のリストです。クリックすると別ページへ移動します

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

魚種別の食べ方・料理法・レシピ(50音順)

ここでは具体的なレシピはあんまり書いてありませんが、ネットで検索すれば見られます。詳しくはそちらでご覧下さい。 例えば「アマダイ 酒蒸し」と2つのキーワードで検索してみると、 アマダイの酒蒸しのレシピを紹介しているホームページが沢山出てきます。

アイナメ

アイナメ写真画像

ホッケと間違える人が多いと思いますが、味は全然違います。 ホッケも美味しいけど高級魚という観点ではアイナメに軍配が上がります。

ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ ボタン:泳がせ五目 ボタン:オニカサゴ釣り ボタン:ホッケとアイナメの見分け方

刺し身(皮が美味しいので焼き霜湯引きも)、昆布締めなめろうカルパッチョ唐揚げソテームニエル天ぷら南蛮漬け煮付け潮汁・お吸い物、唐揚げソテー、しじゅう飯など。

肝、内臓なども美味しく食べられます。

アオハタ

アオハタ写真画像

秋にアマダイ釣りの外道で釣れます。ハタ類ですから美味しいですよ。

ボタン:アマダイ釣り ボタン:キジハタとアオハタの見分け方

刺し身中華蒸し酒蒸し煮付け唐揚げフライアラ汁、味噌汁、ソテームニエルなど。

アカムツ(ノドグロ)

アカムツ写真画像

白身のトロと言われるほど脂ののった超高級魚です。一度は釣って食べていただきたいです。

ボタン:アカムツ釣り

アカムツの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アカムツ食べ方のページへ ボタン:アカムツ食べ方:お客様からの情報のページへ

アジ

アジ写真画像

近年昔ほどには釣れなくなってきていますが、 群れに当たれば簡単に釣れてしかも美味しくビギナーからベテランまで愛される魚です。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:タチウオ釣り

アジの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アジ食べ方のページへ ボタン:アジ食べ方:お客様からの情報のページへ

アマダイ

アマダイ写真画像

アマダイは食べたいがために釣る美味しい高級魚です。難しいテクニックなく比較的簡単に釣れます。 こうゆう丸では秋から冬にアマダイを専門に狙います。

ボタン:アマダイ釣り

アマダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:アマダイ食べ方のページへ ボタン:アマダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

アラ

アラ写真画像

幻の魚とも言われる『超』がつく高級魚で美味。専門には狙っていませんが、 オニカサゴ釣り、アカムツ釣りなどの釣りの外道で顔を出します。 釣れたら必ず持ち帰ってください。

ボタン:オニカサゴ釣りへ ボタン:アカムツ釣り

言わずと知れた超高級魚。できれば5日ほど寝かせた方が旨味が増します。

アラを初めて食べるなら

刺し身か鍋をオススメします。鍋は最後に雑炊にするといいでしょう。美味しい出汁が出ています。

その他のおすすめアラ料理

炙り湯引きカルパッチョ塩焼き煮付けソテーアクアパッツァ酒蒸し唐揚げ、かぶと煮、かぶと焼き、ホイル焼しゃぶしゃぶ味噌漬け骨蒸しなど。

肝や胃袋も美味しく食べられます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

イサキ

イサキ写真画像

イサキは新潟県ではあまり馴染みのない魚ですよね。最近徐々に増えてきているんです。 マダイの外道で春から秋にかけて釣れます。 基本的にアジと似たものだと思ってもらえれば料理もイメージしやすいと思います。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目

刺し身炙り湯引きたたき昆布締めヅケも)、 干物アクアパッツァソテームニエルアラ汁ブイヤベース塩焼き煮付けフライ蒲焼なめろうカルパッチョしゃぶしゃぶ唐揚げ松笠揚げ酒蒸し味噌漬け、天ぷら南蛮漬け中華蒸し など

白子や真子も美味しく食べられます。

イシダイ

イシダイ写真画像

マダイの外道で釣れます。元々美味しい魚ですが特に冬のイシダイは非常に美味です。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目

イシダイを初めて食べるなら

刺し身焼き霜も)、煮付けがおすすめです。

数日(できれば5日位)寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出るし、元々身が固い魚ですが少し柔らかくなってて美味しいですよ。

その他のおすすめイシダイ料理

アラ煮アラ汁カルパッチョ塩焼き唐揚げソテームニエルなど。皮が固いのでよく火を通してください。

が美味しいので捨てないでください。湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。唐揚げも美味しいです。

頭は硬そうですが、ほっぺたとか結構肉がついてて美味しいです。汁に入れてもいいし煮付けてもいいし、捨てずに食べてみてください。

胃や腸も美味しいですよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

イナダ・ワラサ・ブリ

ブリ写真画像

引きが強くて美味。餌釣りのお客さん、ジギングのお客さん両方から愛される魚です。 7kg以上のブリクラスになると脂のノリと旨味はこたえられません。

ジギングがメインになりますが、コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどでも外道で上がります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:ヒラマサとブリの見分け方

イナダ・ワラサ・ブリの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:イナダ・ワラサ・ブリの食べ方のページへ ボタン:イナダ・ワラサ・ブリ食べ方:お客様からの情報のページへ

イネゴチ

食べ方はマゴチと一緒です。マゴチの記事をご覧ください。

ウスバハギ

ウスバハギ写真画像

マダイの外道で秋に釣れます。特異な容貌で初めて釣った方は若干引くかも知れませんが、 クセのない白身でカワハギやウマヅラと同じようなものとお考えください。 さばくのも難しくないです。 肝が入っていますので肝和えできますし、揚げ物、鍋なんかも美味しいです。

ボタン:マダイ釣り

ウマヅラとほとんど一緒なので、食べ方はウマヅラの食べ方をご覧ください。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ウスメバル(沖メバル)

ウスメバル写真画像

釣り人でないとあんまり馴染みがないのですが塩焼きが絶品です。 アカムツやオニカサゴなどの外道で釣れることがあります。

ボタン:アカムツ釣り ボタン:オニカサゴ釣り

ウスメバルを初めて食べるなら

塩焼きをおすすめします。できれば数日寝かせて熟成させてからの方がいいです。

その他のおすすめウスメバル料理

刺身昆布締め干物煮付けホイル焼骨湯酒蒸しなど。

個人的にはですが、沖メバルは塩焼き、黒メバル(メバル)は煮付けの方が好きですね。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

ウッカリカサゴ(カンコ)

ウッカリカサゴ写真画像

カサゴとそっくりな美味しい根魚です。関東ではカンコと呼ばれます。専門には狙っていませんが、 オニカサゴ釣り、アカムツ釣り、ひとつテンヤなどの釣りの外道で顔を出します。

ボタン:オニカサゴ釣りへ ボタン:アカムツ釣り ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:カサゴとウッカリカサゴの見分け方

よく食べられる料理としてはカサゴと共通です。

刺し身湯引き焼霜も)、 昆布締めブイヤベースアラ汁唐揚げあんかけ煮付けアラ煮塩釜、 兜焼き、しゃぶしゃぶソテームニエル天ぷらひれ酒マース煮アヒージョアクアパッツァなど。

小型なら干物も。

が美味しいので湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられます。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ウマヅラ

ウマヅラ写真画像

邪魔者の餌取りの代表格でありながら、美味しいので良型が釣れると喜ばれます。 食べたことない方はとりあえず肝和えを是非。 さばくのも簡単です。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:ひとつテンヤ釣り

ウマヅラの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:ウマヅラ(ウマヅラハギ)の食べ方・料理法・レシピへ ボタン:ウマヅラ(ウマヅラハギ)のお客様の評判・料理

エソ

エソ写真画像

アマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバの外道でも釣れることがあります。 カマボコの材料になる魚です。

ボタン:アマダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ

ほんの細い小骨が多いので、すり身にする事が多いです。つみれ汁さつま揚げかまぼこ、さんが焼きなんかがいいですよ。他に天ぷら(小骨を抜くか骨切りしてください)、酢味噌和え(小骨を切るように身を薄めに切ります)、とんとんずしも。

細い骨なら気にならないという方は煮付けも美味しいですよ。

小さいのは干物が美味しいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

オニカサゴ

オニカサゴ写真画像

魚屋さんにはまず売っていない、釣らなければなかなか手に入らない美味高級魚です。

ボタン:オニカサゴ釣りへ

オニカサゴの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:オニカサゴ食べ方のページへ ボタン:オニカサゴ食べ方:お客様からの情報のページへ

カガミダイ

マトウダイとほとんど一緒なのでマトウダイの項目をご覧ください。

カサゴ

カサゴ写真画像

主にアジ泳がせ釣りで釣れます。岸からは釣れないようなビッグワンもたまに顔を出しますよ。

ボタン:泳がせ釣り ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ ボタン:サビキ五目 ボタン:カサゴとウッカリカサゴの見分け方

ウッカリカサゴの項目をご覧ください。料理としてはほとんど共通です。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

カンダイ

カンダイは漢字では『寒鯛と書き、寒い時期は非常に美味。寒い時期でなくても癖のない白身は色んな料理で楽しめます。 カンダイは磯臭いという話も聞きますが、メジナ同様に沖で船で釣れたものはそういう経験が今までまったくありません。

刺し身炙り焼き霜湯引きも)、しゃぶしゃぶ酒蒸し中華蒸し煮付けアラ煮唐揚げフライムニエル、味噌汁、味噌漬け、幽庵焼きなど。

が美味しいので湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

アラも美味しくいただけます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

カンパチ

カンパチ写真画像

マダイの外道で秋に釣れます。この辺で釣れるのはせいぜい1kg位までです。 小さくてもカンパチの味はしますよ。 水温が低下すると死滅するものだと思いますので小さくても遠慮なくお持ち帰りください。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:カンパチの見分け方

刺し身炙りヅケも)、 昆布締めカルパッチョアラ煮照り焼き西京焼きアラ汁など。

キジハタ

キジハタ写真画像

主にアジ泳がせ釣りで、他にひとつテンヤ、タイラバ、コマセマダイの外道でも釣れることがあります。 キジハタはハタの仲間の中でも一番美味しいとされている魚です。

ボタン:泳がせ釣り ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ ボタン:コマセマダイ釣り ボタン:サビキ五目 ボタン:キジハタとアオハタの見分け方

キジハタを初めて食べるなら

蒸し物は絶賛される方が多いです。中華蒸し酒蒸し骨蒸しなどネットにレシピも多く出ているので試してみてください。特に中華蒸しは絶賛される方が多くオススメ。

その他のおすすめキジハタ料理

身は刺身、アラは味噌汁の出汁という手も。刺身は数日置いてからの方が美味しいです。 皮を焼いたものを刺身に乗せて食べると美味だそうです。キジハタは皮が美味しいですから皮を捨ててはいけませんね。

他にフィッシュアンドチップスなども。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

キツネメバル(マゾイ)

キツネメバル(マゾイ)写真画像

美味しい根魚です。専門には狙っていませんが、 泳がせ五目、ひとつテンヤ、タイラバなどの釣りの外道で顔を出します。

ボタン:泳がせ五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:サビキ五目 ボタン:クロソイとキツネメバルの見分け方

クロソイに似ていますが、刺し身で食べてみると味が違います。一般的な評価ではキツネメバルの方が上位の位置づけです。

刺し身炙り焼き霜湯引きも)、煮付けアラ煮しゃぶしゃぶ酒蒸し唐揚げカルパッチョ中華蒸し天ぷら

が美味しいので湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられます。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

クロソイ

クロソイ写真画像

美味しい根魚です。専門には狙っていませんが、 コマセマダイ、泳がせ五目、ひとつテンヤ、タイラバなどいろんな釣りの外道で顔を出します。

ボタン:マダイ釣り ボタン:泳がせ五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:クロソイとキツネメバルの見分け方

刺身(皮付きで湯引きしても美味しい)、煮付けアラ汁唐揚げの甘酢餡かけなど。

皮が美味しい魚なので皮だけを串焼きにしたり、皮を湯通ししてポン酢やわさび醤油で食べたりすると美味しいです。ウロコ付きのまま唐揚げにしても美味しいです。

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられますよ。アラはいい出汁がとれるので捨てないでください。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

クロダイ

クロダイ写真画像

主にコマセマダイの外道で釣れるのですが、脂のノリがいい事が多いので、是非持ち帰って食べてみてください。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目

刺し身(炙りも)、塩焼き煮付け甘露煮アラ煮唐揚げフライムニエルづけしゃぶしゃぶ昆布締めホイル焼味噌漬けカルパッチョ朴葉味噌焼き中華蒸し酒蒸しアクアパッツァアラ汁、等

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

サバ

サバ写真画像

コマセマダイやジギングなどの外道で釣れます。写真はマサバですがゴマサバが釣れ盛ることもあります。 晩秋のサバは脂のノリがよく美味です。 サバは背中のウネウネ模様が特徴です。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:ジギング ボタン:サビキ五目

締めサバ味噌煮鯖寿司、 みりん干し、博多名物『ごまさば』

サバはアニサキスがいる可能性もありますのでご注意を。(参考:アニサキスに注意

サワラ

サワラ写真画像

歯が鋭くてジグや仕掛けを切っていく悪者なのですが、釣り上がりさえすればかなり美味な魚です。

ジギングがメインになりますが、コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどでも外道で上がります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り

寒い時期の型のいいサワラは脂が乗って美味。夏もイワシを食ってる個体はトロの味わいです。

刺し身(炙りも)、西京焼き、幽庵焼き蒲焼き味噌煮カルパッチョ生ハム酢締め押し寿司朴葉味噌焼きからすみムニエルなど。

脂が乗ってるなら塩焼きも。特にカマが美味。

真子・白子が入っていたら、それも美味しくいただけますよ。

小型のサワラ(サゴシ)は脂のノリも少ないので、カルパッチョや酢締め、押し寿司、竜田揚げ、唐揚げ、ムニエルなど、油か酢を使う料理で美味しくいただけますよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

シイラ

秋の大型シイラは生で食べ過ぎるとお腹こわすくらい脂が乗っています。そうでなくてもクセがなくフライやムニエルなどにするととても美味しい魚です。 ハワイではマヒマヒと呼ばれ料理でポピュラーな魚です。

刺身カルパッチョ昆布締めムニエルフライフィッシュアンドチップス味噌漬けなど

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

スズキ

刺し身(炙りも意外と美味しい)、塩焼き煮付け唐揚げフライムニエルソテーづけ照り焼き南蛮漬け昆布締めホイル焼しゃぶしゃぶソテー味噌漬けカルパッチョ天ぷら中華蒸し酒蒸しアクアパッツァ

肝や胃袋魚卵も美味しく食べられます。

も湯引きしてポン酢や酢味噌などでどうぞ。

スミイカ(コウイカ)

スミイカ写真画像

スミイカは歯応えと甘みが楽しめるイカです。こうゆう丸では2月に専門に狙います。

ボタン:スミイカ釣り

まずはお刺身でしょう。身が厚くて独特の歯ごたえがあり、甘みもあり、スミイカならではの味を楽しんでいただけます。 湯引きユッケ風も美味しいですよ。

その他に、煮付け、野菜と一緒に煮物や炒めもの、バターソテー塩焼き、酢味噌和え、アヒージョ、 醤油ダレを塗りながら焼いて焼きイカに、天ぷらなど。

干物、燻製も美味しいです。

墨袋がかなり大きいんです。墨はパスタに使えますよ。私はやったことないですけどパエリアやカレーも美味しいそうです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ソウハチ(カレイ)

ソウハチ写真画像

夏にオニカサゴやマダラとのリレーで狙ったり、マダラ釣りの外道で釣れたりもします。 特に干物が絶賛されます。

ボタン:ソウハチ釣り ボタン:マダラ釣り ボタン:マダラジギング

刺身(エンガワもね)、から揚げあんかけもグッド)、干物塩焼き煮付け味噌煮揚げびたしなど

特に干物は絶賛される方が多いですよ。お客さんが船上で干したものは激ウマだったそうです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

タチウオ

タチウオ写真画像

釣って面白く食べて美味しい夏の人気ターゲットです。3枚におろすのでなければウロコもないし簡単にさばけるのもポイント高いです。

ボタン:タチウオ釣り

タチウオの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:タチウオ食べ方のページへ ボタン:タチウオ食べ方:お客様からの情報のページへ

タマガンゾウビラメ

タマガンゾウビラメ写真画像

秋にアマダイ釣りの外道で釣れます。小さいし見た目がパッとしないので海に放す方が多いのですが、 まず生きられないのでリリースにはなりません。 意外と美味しい魚なので捨てるよりは持って帰って食べていただければと思います。 ムシガレイに似ていますが、よく見るとヒラメと同じ左側に目があることがおわかりいただけます。

ボタン:アマダイ釣り

小さいので身が少ししかとれないですが刺し身で美味しいです。脂ノリノリとかじゃなくて、噛んでるとじわじわ旨みが出てくる感じ。 地元の漁師さんも持ち帰って食べます。 刺し身をとった残りの骨も乾燥させて揚げれば骨せんべいにして美味しくいただけます。

昆布締め干物、 丸ごと唐揚げ塩焼きでも。

この辺の海だと小さいのばかりですけど、大きければ煮付けやムニエルでも。

チカメキントキ

チカメキントキ写真画像

チカメキントキは近年増えてきた魚です。あまり魚屋さんでは見ないかと思いますが美味しい魚です。 こうゆう丸ではコマセマダイ、ひとつテンヤなどで釣れることがあります。

ボタン:マダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ

チカメキントキを初めて食べるなら

チカメキントキを初めて釣ったという方には、お刺身、ウロコのついたままの皮を素揚げ、 アラで汁物と3種の料理を楽しむのをオススメしますよ。

その他のおすすめチカメキントキ料理

刺し身塩焼きフライ煮付けアラ煮ソテー、皮の唐揚げ(ウロコ付きのまま松笠揚げも美味)、 カルパッチョなど。

アラは出汁がとれるので汁物もおいしい。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ドンコ

ドンコは滅多に釣れません。 それと見た目あんまり美味しそうじゃないですけどね(汗)身はたんぱくであっさり。実は肝が美味しい魚なんです。 アンコウをイメージしていただけば近いです。是非持ち帰って食べてください。

刺し身(肝和え・肝醤油)なめろう(是非肝も混ぜて)、 昆布締め、どんこ汁(味噌で。是非肝も入れて)、フライホイル焼き煮付け(普通の煮付けの他に肝味噌煮も)など。

どんこ特有のそぼろ料理もあります。身と肝を炒って身を崩すようにしてそぼろにします。味付けは味噌と酒、砂糖などお好みで。 ご飯のお供やお酒のアテにも。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ハナダイ

ハナダイ写真画像

年にもよりますが初夏にマダイの外道でいいハナダイが釣れます。マダイの方は乗っ込み時期で味が一段落ちますが、ハナダイは旬。美味しいです。

コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどで釣れます。

ボタン:マダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイ類の見分け方

ハナダイを初めて食べるなら

酢締めがいいと思います。。三枚におろした皮付きの身に塩をふってしばらくおき、水分を出させます。 水分を拭き取ったら、酢とみりんなどで作った甘め(お好みですが)の酢につけます。身が少し白くなる位で完成。 食べやすい大きさに切ってお刺身のように食べたり、押し寿司にしたりもできます。

その他のおすすめハナダイ料理

湯引き塩焼き唐揚げ塩麹漬け塩釜鯛めし干物カルパッチョしゃぶしゃぶ酒蒸し中華蒸しホイル焼き天ぷらウロコチップスセビチェトマト煮など。あとアラは美味しい出汁がとれます。アラ汁や大きいのはアラ煮などもどうぞ。

酢締めに似ていますが千葉県の郷土料理『ごま漬け』も。おつまみでもいけます。

船上干しも美味しいですよ。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

ヒメ

小骨がある魚で、刺身だと味もイマイチです。でも一手間かけると実は美味しい魚です。

唐揚げつみれ汁さつま揚げ天ぷらなど。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ヒラマサ

ヒラマサ写真画像

秋にコマセマダイやジギングの時に釣れます。同サイズのワラサより引きが強く、 しかも外見はワラサそっくりなのに味は違い、かなり美味なのでお客さんに非常に人気があります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り ボタン:ヒラマサとブリの見分け方

ヒラマサを初めて食べるなら

まずはお刺身をおすすめします。数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

残った皮は塩焼きに。アラはアラ煮がいいでしょう。

その他のおすすめヒラマサ料理

刺身(皮付きで炙りも)、ヅケ丼照り焼き塩焼きカルパッチョフライ、 カマの塩焼き、りゅうきゅう、ブリ(ヒラマサ)大根、しゃぶしゃぶムニエル竜田揚げ、兜焼き、アラ汁骨蒸しなど。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ヒラメ

ヒラメ写真画像

釣って面白く、食べて美味しい、言わずと知れた高級魚。厳寒期や初夏の頃が美味しいです。 アジ泳がせ五目やひとつテンヤ、タイラバ、ジギングなどで上がります。

ボタン:泳がせ五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:ジギング ボタン:タイラバ ボタン:サビキ五目

刺し身昆布締め肝和えでも。 エンガワも食べてくださいね)、漬け丼カルパッチョムニエル煮付けホイル焼き骨せんべい塩焼き唐揚げフィッシュアンドチップス中華蒸し骨蒸し冷や汁しゃぶしゃぶ皮せんべいなど。

肝や胃袋真子・白子も美味しく食べられます。も美味しいです。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

ベラ

リリースされる方も多いですが、関西では美味しい魚としてポピュラーです。

刺し身湯引きも)、唐揚げ、 すり身にしてさつま揚げ、煮付けフライムニエル干物素揚げ南蛮漬け酢じめ塩焼き塩釜、素焼きして酢漬けなど。

ホウボウ

見た目が変わってるし馴染みがないのでリリースされる方もおられますが、実はかなり美味しい魚なんです。 脂ノリノリというよりも身の旨味・甘みが楽しめます。

刺し身炙り昆布締めヅケカルパッチョも)、 煮付け、煮こごり(知る人ぞ知る美味)、塩焼き味噌漬けムニエルソテー幽庵焼き唐揚げ干物フライ天ぷらちり鍋アラ汁(いい出汁が出る。もちろん身を入れても美味)、アヒージョブイヤベースあんかけアクアパッツァ酒蒸し骨蒸し中華蒸ししゃぶしゃぶ骨せんべいなど。

胃袋、浮袋も美味しく食べられます。 も美味しいです。茹でてポン酢などで。

ホッケ

ホッケ写真画像

夏にマダラ釣りの外道で釣れるホッケは脂が乗って大好評です。

ボタン:マダラ釣り ボタン:マダラジギング ボタン:ホッケとアイナメの見分け方

船上干しの開き(冷蔵庫干しも)、フライ煮付け蒲焼冷や汁など。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

マガレイ・マコガレイ

マガレイ・マコガレイ写真画像

比較的簡単に釣れてしかも美味しくビギナーの方にも釣りの楽しさを味わっていただきやすい魚です。 ホクホクした白身が楽しめます。

ボタン:カレイ釣りへ

刺身(エンガワもね)、カルパッチョ昆布締めから揚げあんかけもグッド)、ホイル焼きムニエル干物塩焼き煮付け味噌煮揚げびたし天ぷら中華蒸しピカタカレイ飯マース煮骨せんべいなど

白子や真子も美味しいですよ。

小型は釣ったその場で船上干しもいいですね。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

マゴチ

マゴチ写真画像

旨味のある美味しい白身魚です。馴染みが薄くとっつきにくいかも知れませんが絶対持ち帰っていただきたいです。 マゴチは独特の形状をしているので、ネットで捌き方を調べてからやった方がいいかも知れませんね。 アジ泳がせ五目やひとつテンヤで釣れることがあります。

ボタン:泳がせ五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:サビキ五目

イネゴチもマゴチと一緒の食べ方・料理法でいいですよ。

マゴチを初めて食べるなら

刺し身をおすすめします。

残ったアラも捨てずにアラ汁にしてください。マゴチのアラはいい出汁が出るのです。

その他のおすすめマゴチ料理

天ぷら唐揚げ煮付けアラ煮塩焼きソテー奉書蒸しなど。

肝、胃袋白子、真子も美味しく食べられます。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

釣ったマゴチ・キジハタですが、船長のおすすめ通りに刺身&アラは味噌汁にしてみた所、どちらも絶品でした。 特にマゴチの刺身は、子どもも妻も大喜びでした。

マダイ(真鯛)

マダイ写真画像

引きが強くて、姿が美しく、食べても美味しい、釣魚の王様です。 2~4月は特に食べて美味しく、お客さんに大評判です。

コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどで釣れます。

ボタン:マダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:ジギング ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:タイ類の見分け方

マダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マダイ食べ方のページへ ボタン:マダイ食べ方:お客様からの情報のページへ

マダラ

マダラ写真画像

夏のマダラは身が旨く肝も大きいです。白子や真子を持つ個体もいます。 釣ったマダラはお店で買ったものとは味が全然違います。

ボタン:マダラ釣り ボタン:マダラジギング

マダラの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:マダラ食べ方のページへ ボタン:マダラ食べ方:お客様からの情報のページへ

マトウダイ

マトウダイ写真画像

マトウダイは脂ノリノリというような魚ではありませんが、噛んでるとじわっと旨味が出てきます。カワハギなどに近い魚で大きい肝も入っています。 フランス料理では重要な魚の一つ。皮は手でむけますし捌くのは簡単なので是非食べていただきたいと思います。

ジギングがメインになりますが、ひとつテンヤ、タイラバなどでも外道で上がります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ

刺身昆布締めカルパッチョムニエル煮付け、 鍋、アラ汁、味噌汁、 フライ唐揚げ西京漬け、 幽庵焼き、 塩焼き、ブイヤベースなど

アラ肝、真子なども美味しくいただけます。捨てないでくださいね。

お寿司屋さんで食べたカガミダイのの串焼き、とっても美味しかったです。マトウダイも美味しいはず。

マルソーダ(ソーダガツオ)

マルソーダは血合いさえキレイに取り除けば、脂が乗っていてお刺身でも美味しく食べられます。 血合いが多い魚で、血合いを生で大量に食すと下痢する事もあるそうですから、 釣ったらすぐに血抜きをしてしっかり冷やし、さばく時は血合いを取り除いて下さい。

火を通せば血合いも心配ありませんが、生臭さに敏感な人ならできるだけとった方がいいかも知れないですね。 煮付けなどでも美味しくいただけます。

それとサバやイカと同様でアニサキスがいる可能性があります。 生で食べる時は、薄めにスライスしたり、アニサキスがいないかよく見て下さい。 数cm位で白く細長いです。

アジのように、マルソーダの身をを粗めにきざんで、味噌、ネギ、生姜等を混ぜてもタタキやなめろうにしても美味しいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

ミシマオコゼ

刺し身は基本的に薄造りで。他に唐揚げ天ぷらソテー、味噌汁、鍋、煮付けマース煮干物など。

胃、肝なども食べられます。身と一緒に料理してもいいです。汁物鍋物や煮付けが美味しくなります。 またこれらだけを湯通ししてポン酢なんかで食べても美味しいです。

頭は出汁が出るので汁物鍋物は一緒に入れましょう。毒はないですけど頭のトゲは危ないので切っておいた方が無難です。

結構大きい卵巣(真子)が入ってることもあります。これも美味しくいただけますよ。

ミズダコ

刺し身(湯引きも)、吸盤は湯通ししてポン酢で、マリネカルパッチョなめろう唐揚げ、たこ飯、ガーリック炒め、タコキムチ、たこ焼き、タコ焼きそば、アヒージョしゃぶしゃぶ、冷シャブなど。

卵も食べられます。北海道では”たこまんま”と呼ばれ親しまれています。クリーム色のボールみたいなヤツで皮を破ると中身が出てきます。 新鮮なものは生でも。茹でてポン酢で、醤油漬け、煮付け、塩辛など。

ムギイカ(スルメイカ)

ムギイカ写真画像

ムギイカはまだ小さ目のスルメイカの事。身が柔らかく美味しいのです。 釣れる時はズラズラと多点掛けとなり、ずっしりした重みが楽しめるイカです。 こうゆう丸では6~7月位に専門に狙います。

ボタン:ムギイカ釣り ボタン:スルメイカとヤリイカの見分け方へ

沖漬け、船上干し、お刺身(新鮮なものなら肝もOK)、ヅケなめろう、塩辛(酒盗)、 ホイル焼(是非肝も一緒に入れてください)、イカキムチ、イカフライ、イカ焼きそば、 バター醤油炒め、イカアボカド丼(ネット検索してみてください)、イカ飯、ちゃんちゃん焼き、 マリネなど。

お祭りの屋台で見るようなイカ焼き(醤油ベースのタレに漬け込んでから焼く、または焼きながらタレを重ね塗りする)もいいですね。

以前熱海のお店で肝も入れた朴葉味噌焼きを食べたことがありますがとても美味しかったです。 身に肝を絡めて食べると最高でした。

イカの墨ってやつは水中で自分の身代わりとして敵を欺くものなので色だけじゃなくて匂いも味もあります。炒め物やパスタに使うと美味しいですよ。 糸魚川の名物ブラック焼きそばはイカ墨を使った焼きそばです。

よっちゃんイカが好きな方は酢イカもいいですね。切って茹でて酢ダレに漬けるだけ。止まんなくなりますよね。

初期のほんの小さいイカは、釣趣は物足りないですが、柔らかくてとても美味しいです。 ワタも出さずに丸ごと焼いてそのまま食べたり(船長おすすめ)、丸ごと茹でて生姜醤油でどうぞ。

肝を醤油漬けにするといいおつまみになりますよ。さらにそれをホイル焼きにしてもいいソースになります。 身につけて食べてみてください。肝を活用するとイカ料理は格段に旨味がアップします。

因みにイカはアニサキスなどの寄生虫がいる可能性があります。火を通せば大丈夫です。または-20℃以下で48時間以上冷凍するといいそうです。(参考:アニサキスに注意

沖漬けの作り方

家に帰ってからは作れませんからご注意を…。 釣れてすぐの活きた状態のイカを、海水を吐かせてからタレの中に漬け込みます。 するとイカがタレを吸い込み、内外両方からタレに浸かるのです。

タレは人によって千差万別ですが、初めての方は醤油2酒1みりん1(+お好みで鷹の爪)位で一度煮立たせて、 アルコールをとばせば出来上がりです。

この沖漬けをさらに船上干しにするという大技もあります。船上でなくてもご自宅でピチットで一夜干しにしてもいいです。

船上干しの作り方

  1. 胴(かさの部分)の裏側(身の白い方)を縦に切り開く。内臓を取り除く。中骨は残しておく。 ナイフや出刃でやってもいいのですが、ハサミでやると安全にサクサクできますよ。
  2. 頭・ゲソの部分も同様に切り開く。目玉・トンビを取り除く。
  3. 胴と頭はつながったままで切り外さないでおくこと。1.の手順の時に間違って胴の表側(茶色い方)を切ると離れてしまいますからご注意を。
  4. 海水で洗って、竹串で船のロープ(ロープは船にあります。ご依頼いただければ船長がロープを張ります)に固定する。
ムギイカ船上干しの干し方

お天気が悪くて干せなかったら、お家に帰ってピチットで一夜干しにしてもいいですよ。

関連記事
ボタン:スルメイカとヤリイカの見分け方へ

メジナ

メジナ写真画像

沖のメジナは美味しいんですよ。磯のメジナとはまったく別物です。 一般的には冬が美味しいとされていますが、この辺では夏のメジナが脂が乗って刺し身で非常に美味しく、 マダイより美味しかったと言うお客さん続出しています。コマセマダイの外道で釣れます。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目

メジナは刺身炙り湯引きも)、 煮付け唐揚げヅケカルパッチョムニエルアヒージョアクアパッツァアラ汁等が定番です。 刺身は皮を残して湯引きしても美味しいです。 塩釜も美味しいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

メダイ

メダイ写真画像

冬から春にかけて釣れるメダイは脂ノリノリでとても美味しいです。 表皮の粘液が多くて美味しさを知らないと嫌がる人もいるのですが「まあ騙されたと思って」と持って帰っていただくと絶対に「美味しかった!また釣りたい!」とおっしゃいます。 コマセマダイの外道が主ですがアカムツの外道で釣れることもあります。

ボタン:マダイ釣り ボタン:アカムツ釣り

刺身漬け昆布締めカルパッチョも)、しゃぶしゃぶ味噌漬け、粕漬け、照り焼き昆布締め唐揚げムニエル、、煮付けなどなど。

頭部も肉が結構あるので、捨てずに煮付けなどで味わってくださいね。

表皮のヌメリが多いのが難点ですが、初めに丸めた新聞紙でぬぐうといいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

メバル

メバル写真画像

写真は黒っぽいですが、金色に輝くのもいます。どんな料理でも美味しいオールラウンダーです。 浅場で行う様々な釣り物で釣れる可能性があります。早春がもっとも美味です。

ボタン:マダイ釣り ボタン:泳がせ五目 ボタン:ひとつテンヤ ボタン:アジ五目・ウイリー五目

刺し身カルパッチョ塩焼き煮付け甘露煮アクアパッツァ唐揚げ朴葉味噌焼きムニエル天ぷら中華蒸しアヒージョなど。

個人的にはですが、沖メバルは塩焼き、黒メバル(メバル)は煮付けの方が好きですね。 お刺身は肝醤油なら濃厚な美味しさに。

ヤリイカ

ヤリイカ写真画像

ヤリイカは繊細な釣り味と甘みが楽しめるイカです。こうゆう丸では12~2月に専門に狙います。

ボタン:ヤリイカ釣り ボタン:スルメイカとヤリイカの見分け方へ

まずはお刺身でしょう。こだわるお客さんはエアポンプで活かして持ち帰り、新鮮な刺身を楽しんでいるようです。 因みに小型のメスは卵を持っていて、私は食べたことないのですが生で美味しいそうです。

他には、ヅケカルパッチョ、丸焼き、イカフライ、煮付けバターソテーなめろう、バター醤油炒め、イカ焼きそばなど。船の上でしか作れませんが沖漬けも美味しいです。

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

レンコダイ(キダイ)

レンコダイ写真画像

アマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバの外道でも釣れることがあります。 体色に黄色が混じるのでマダイやハナダイと見分けられると思います。

ボタン:アマダイ釣り ボタン:泳がせ釣り ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:タイ類の見分け方

レンコダイの食べ方・料理法は別ページになります。

ボタン:レンコダイ食べ方のページへ ボタン:レンコダイの食べ方:お客様からの情報のページへ