船釣り初心者をお連れになる方に、なるべくトラブルを避ける方法や楽しんでもらうための注意点などについてご説明しています。

初心者をお連れになる方へのアドバイス

目次

ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

座席の選択

一般的には『なるべく揺れの小さい胴の間に初心者を』というのがセオリーかと思われますが、私はちょっと考えが違います。 もしあまり波がないようなら四隅に入らせて上げるのがベターだと思っています。その理由は…

  1. 比較的釣れやすい。
  2. 他のお客さんとトラブルになりにくい。

1については、やはり最初に釣れるか釣れないかで面白いと思っていただけるかが大きく違うからです。 お連れになった方も『こんな面白いものを教えてあげたい』と思って誘ったのでしょうし、釣れる事を重要視して少しでも釣れる可能性の高い選択をされた方がいいと思います。

2については、初心者の人はかってがわかりませんから、誰かとオマツリしようものなら『自分が悪いのだ』と萎縮してしまうかも知れません。お互い様なんですけどね。 それでは楽しめるものも楽しめなくなるでしょう。なるべく他のお客さんと距離をとってあげて間に経験者である自分が入る方がいいのではないでしょうか。

但し、波のある時は酔ってしまったら可哀想ですから四隅を避けるのはアリだと思います。特にミヨシは。 でもそんな時、胴の間なら揺れないかというと程度が違うだけでやはり揺れるんですよね。割り切りも必要かも知れません。

乗船時の準備

乗船したらいくつかの項目について確認してください。

ライフジャケットの着用

不慣れな初心者は転倒や転落の危険性がベテランより大きくなります。すぐにライフジャケットを着用させてください。

釣り具を落下させないために

ロッドキーパーの取り付けがしっかりなされているかボルトの締めを確認してください。また竿を海に落下させないための尻手ロープを確実に取り付けてください。

リールのセッティング

海面でのゼロセットとドラグ調整を確認してあげてください。

タナを守る

指示ダナのある釣りではタナを守ることがルールである事をキチンと教えてあげてください。そしてタナを守るための方法も教えてあげてください。 もし初心者の方がタナを狂わせた場合、責任は初心者の方にあるのではなくお連れになった方にあります。気をつけてあげてください。

リールのカウンタが正確かどうか確認してあげてください。そうでない場合は道糸のマーキングでタナを測る方法を教えてあげてください。 私は初心者の人にもマーキングの見方を教えてあげる事が多いです。ほとんどの人は問題なくできますよ。

マダイ仕掛けの手前マツリを防ぐ

マダイの長仕掛けは初心者には荷が重いと思われがちですが、私が教えてあげた初心者の方は大体ノントラブルで釣りをされています。 ポイントをしっかり教えてあげれば問題ありません。ポイントは下の関連記事にて説明しています。

関連記事
ボタン:マダイ仕掛けを絡ませない方法へ

魚がかかったら

バレないようにしてあげるのが最優先です。そのためには…

  1. 当たったらゆっくり竿を立ててそのままの体勢で竿尻をお腹に当て、竿を持つ手はリールの上のグリップを持って巻く。
  2. 他のお客さんとオマツリしてバレないか周囲に気をつけてあげる。
  3. タモを用意する。
  4. リールを巻き終えたら竿を立てさせて、同伴者がビシをとってあげてそのままハリスが緩まないようにたぐり始める。その間に竿をロッドキーパーにかけてもらい、 ハリスをたぐるのを交代する。竿をキーパーにかける時とビシをバケツに入れる時にハリスが緩んでバレる事が多いので、それを防ぐためです。