初心者の方でも入門しやすい簡単な釣りものをご紹介しています。

初心者でも入門が容易な簡単な釣りもの

このページの目次

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

簡単な釣りものとは

こうゆう丸では多くの釣り物を扱っています。そのどれもが『初心者には無理』というものではありません。 適切な指導があれば大抵の人が無理なく挑戦できるものばかりです。

関連記事
ボタン:釣りものカレンダーへ

ただし釣りというのは仮に入門が容易でも奥が深くて、それなりの腕になるには相応の努力と時間が必要です。 腕を上げれば上げるほど満足いく釣りになる可能性は高まります。腕がなければ満足できる可能性は高くなりません。 その関係を表すグラフというものがあるとしたら、こういうものになるかも知れません。

努力+時間と満足できる可能性の関係を表すグラフ画像

しかし釣りというのはそんなに単純じゃありません。釣りものによってはこのグラフの線の傾きが違ったり、 入門時の線の開始位置がもっと上であったり下であったりします。 そんな中で、この入門時の位置がなるべく上の釣りものがより初心者向きという考え方もあるだろうと書いたのがこの記事です。

努力+時間と満足できる可能性の関係を表すグラフでより初心者向きの釣りものとはの画像

ただ、誤解しないでいただきたいことがあります。『満足』とは人によって尺度が違います。 例えば一生の内に大きいマダイを一度は釣ってみたいという夢を持って入門される方もおられるでしょうし、 とにかく魚の強い引きを味わいたいということでジギングを始める方もおられるでしょうし、 めちゃくちゃ美味しいという希少で市場に出回らないこの魚をどうしても釣って食べてみたいという方もおられるかも知れません。 それぞれの『満足』というものが種類もレベルも違うわけです。だからこんなグラフなどに表すことができるはずもないのですが、 ここではそこのところに目をつぶって、『満足=お土産になるようななにがしかの魚がそれなりに釣れた状態』としたいと思います。

以下、グラフの緑の線に相当するであろうという釣りものをご紹介していきます。

タイラバ

『タイラバ』と言うと釣りに馴染みの薄い方には、とっつきにくい印象を持つかも知れません。どういう釣りか想像しにくいですよね。 タイラバというルアーを使った釣りなんです。 ルアーと聞くと益々とっつきにくく感じる方もあるかも知れませんが、このルアーはただ底に落として等速で巻くだけの簡単操作で使えるのでほとんど指導がいりません。実際、小学生でもすぐにできました。簡単という意味では最も簡単かも知れませんね。 餌は使いません

細い糸と細い竿を使うので、魚の感触が楽しめます。

小魚やイカなどを捕食するすべての魚が対象になりうるのでまったくのボウズにはなりにくいです。大物の可能性もあります。 具体的にはマダイ、イナダ~ブリ、根魚、ヒラメなどが対象となります。

関連記事
ボタン:タイラバへ

サビキ五目・アジ五目

この記事を書いている2018年時点で近年アジが以前よりも釣れにくくなっているので、アジに関してはその時々で状況をご確認ください。 ただ、これらの釣りは基本的に五目釣りで、なんでも釣ってやろうというものなので、ボウズには比較的なりにくいです。 とにかく何か釣らせて!というご希望には合っているかと思います。

サビキ五目はサビキ仕掛けを使い、主に底付近を狙います。アジ五目はウイリー仕掛け(テンビン吹き流し)を使い、主に下層を狙います。

最初に若干手順を覚える必要はありますが、堤防でサビキ釣りをした事がある方ならすぐにできると思います。 仕掛けを投入したら根掛かりにだけ注意して、あとはあまり小細工も必要ありません。

アジや、イナダ、ウマヅラ、メジナ、根魚などが対象となります。イナダが釣れ始める秋がいいかも知れません。

ただこの釣りはあまりにも対象が初心者に偏るので、他のお客さんの事を配慮すると年に何度もお受けできないというのが難点ではあります。 それでもお受けできるかは別としてお気軽にお問い合わせください。

関連記事
ボタン:サビキ五目へ ボタン:アジ五目へ

マダラ

マダラと言うと大物釣りのイメージで難しそうに思われるかも知れませんが、意外や意外、テクニックを必要としないレベルはサビキ五目なみです。 底に仕掛けを落としたらすぐに少し浮かせます。後は時折底に落とし直すだけ。また底にオモリが当たってしまったら少し巻き上げるだけ。 それだけちゃんとやってればベテランの人とそう大差がつきにくい釣りです。道具はレンタルできます。

餌のサンマを三枚におろすことができる必要があります。スーパーでおろしたのを買ってくる方もおられますが。

マダラは普通のご家庭ならば2~3匹でも釣れればいいお土産になるかと思います。

関連記事
ボタン:マダラへ