船釣りでのマダイ釣りにて仕掛けを少し変えてみて釣れるようになった実例をご紹介しています。

マダイ釣りで仕掛けを変えて成功した実例

このページの目次

関連記事
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

仕掛けの重さ・バランスを変えてみた例

ここでは、仕掛けの重さ・バランスを変えることで成功した実例をご紹介します。ほんのちょっとした変更で当り方が顕著に変わることもあります。 釣れない時に色々と考えてやってみるという事の大切さを感じていただければと思います。

チモトのガン玉の位置を変えてみた

その日はマダイの浮きがよく皆さんそこそこ当っていました。しかしどうしても当たらない方がお一人。 二段テーパーで他の方とそう変わらない仕掛けですが、ハリの10cm位上にガン玉がついていました。 浮きがいいですしそう重くする必要もなかろうということでそのガン玉を試しに2m以上上に上げてみるとそれだけで当るようになりました。

二段テーパーに変えてみた

最初は三段テーパーの仕掛けを使っていました。全然釣れないわけじゃないのですが、魚探反応の良さからするともっと当たってもいいはずなのに。 そこで試しにもっと軽くしてみようと二段テーパーに変えてみました。するとアタリの数がいきなり増えて型も平均的によくなったのです。

フロートパイプを装着してみた

他の人が当たっているのにその人だけが当りません。他の人とオマツリしやすい事から考えてもちょっと仕掛けが重すぎるのではないかと思われました。 そこで仕掛けのウエイトを少し軽くしてみてもいいのですが、その前にチモトにフロートパイプをつけてみました。その方が簡単にできるので。 そしたら次の投入からすぐに当るようになりました。

三段テーパーに変えてみた

最初は二段テーパーを使っていました。周りはポツポツ釣れていますがその人はなかなか当りません。 マダイは浮いてはきますがある程度の水深以上に上がってきません。もう少し下の層を狙えるように仕掛けを重くしようと三段テーパーに変えてみました。 すると次の投入から当るようになりました。

シェルビーズをつけてみた

たま~に少数のマダイが浮いてくるのは魚探で確認できますがなかなかアタリに持ち込めません。 潮の加減で付けエサが魚に届いていない可能性もあり、三段テーパーでしたがさらにもう一歩重くしてみようと考え、まずはチモトにシェルビーズを入れてみました。 それで何とか当るようになりました。

三段テーパーをさらに重くしてみた1

3B×2ヶ所の三段テーパーで当初やっていたが全然当たりません。マダイはそこそこ浮いてきますが、二枚潮のようでもしかしたら仕掛けが浮いてしまっているのかも。 隣の人は当たっているので聞いてみたらかなり重い仕掛け。 試しに下のウエイトサルカン近くにガン玉を追加。直後から4連発でした。その後マダイの浮きが良くなり、潮も落ち着いてきたらまた当たりにくくなり、今度はガン玉を外してまた当たり始めました。

三段テーパーをさらに重くしてみた2

乗っ込み時期。探見丸の画面を見ると反応は出るもののイマイチ浮きが悪いようなので三段テーパーでやってみたが当たらず。さらにハリの50cm位上にガン玉を追加したら当たり始めた。

重さ・バランス以外の要素を変えてみた例

夜光バリに変えてみた

船全体としてはポツポツ当たっています。しかしその人にだけ当りません。 仕掛けも悪くないと思うのですが…。濁りが強いので試しに夜光バリに付け替えてみました。すると当るようになったのです。

ハリを小さくしてみた

時折小さいアタリがありますが乗ることはありません。付けエサのオキアミの頭だけがとられることもしばしば。 活性が低いようです。そこで試しにハリを二段階位小さいものに付け替えてみました。すると何とか魚が乗ってくれるようになりました。

反応はあるものの不思議な位アタリません。潮がかなり澄んでいて動きも悪い状況。10号のハリを使っていましたが、試しに8号に変えたら当たるようになりました。

ビーズ類を外してみた

エサ取りが多い状況。少しでもエサ取りに狙われるリスクを減らすために、チモトに付けていたキラキラ光るダイヤカットビーズと夜光玉を外しました。 それから活性低いながらもポツリポツリとマダイを拾えるようになりました。

ハリスの号数を落としてみた

乗っ込み終盤で超澄み潮。反応はあるもののどうしても付け餌を食わない。ハリス5号から4号に落としてなんとか釣れた。さらに3号に落とした人は何枚かヒット。 ただしハリスを細くするのはハリス切れの可能性が高まります。バレれば魚がスレて釣れなくなるかもしれないので、ご自分の腕と相談してくださいね。

関連記事
ボタン:周りの人が釣れているのに、自分は釣れないへ ボタン:マダイの仕掛けを自作してみましょう!へ ボタン:今さら聞けない二段テーパー仕掛けへ ボタン:マダイの仕掛け・道具へ ボタン:マダイ(真鯛)の釣り方へ ボタン:マダイ釣りの総合ページへ ボタン:潮(潮流)の速さについてへ ボタン:重い仕掛け、軽い仕掛けへ