船釣りでハリス(またはリーダー)が原因とその対処法を解説しています。

ハリス(リーダー)が傷む原因と対処法

このページの目次

本記事はこうゆう丸での釣りを前提に書かれています。他の条件下では通用しない内容もあるかも知れませんのでご注意ください。

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

ハリスの傷みによって魚がバレる

ハリスが傷んでることに気づかずに放置して、いざ魚がかかった時にハリスやリーダーがプツンといくことって時々あるんです。 正直これはもったいない。しかもそういう時の魚は型がいいことが多いわけで…。 予め注意していれば防げるバレなので、是非下記を参考にしていただきたいと思います。

傷や傷みを発見したら、その部分を切って結び直したり、ハリスを交換したりしましょう。

以下、『ハリス』とは『リーダー』も含む意味となります。ひとつテンヤやタイラバ、ジギングも対象となります。

ハリスが傷む様々な原因と対処法

ハリスが傷む原因には様々なものがあります。以下ではよくある代表的な原因とその対処法を説明していきます。

ハリスが傷む原因1:魚の歯やヒレによって傷つく

魚がかかった時に歯やヒレがハリスに当たって、ハリスが傷つくことがあります。

特にハリを丸呑みされると、魚の歯がハリスに当たることが多いんですね。 呑まれやすいケースとしては、マダイ釣りでの小型のマダイ・ハナダイ、アマダイ釣りでのアマダイ・レンコダイ、エソ、根魚全般があります。 ハリを呑まれたら必ずハリスをチェックしてください。結び目のほんの際が傷ついてたりして気をつけないとわからないケースもあるのでよく見てくださいね。

特にハリを呑まれてもいないのに傷ついているケースもあります。ファイト中に魚のエラやヒレが当たったことが原因です。 一応魚が釣れたら呑まれていなくてもサッとチェックはした方がいいかも知れません。

歯の鋭い魚だとちょっと触れただけで傷がつくので、呑まれてなくてもハリスが傷むことがあります。タチウオ、サワラなどがその代表格です。 これらがいる時はマメにチェックしてください。特にタチウオジギング・エサ釣りや青物ジギングの時は気をつけてください。

ハリスが傷む原因2:根掛かり

根掛かりした時は当然仕掛けが傷んでいる可能性が高いわけで、必ずハリスをチェックしてくださいね。

泳がせ五目やオニカサゴ、ジギング、ひとつテンヤ、タイラバなどで特に根掛かりが起きやすいです。

ハリスが傷む原因3:オマツリ

他のお客さんとオマツリした時にハリスが傷むことがあります。傷つくというよりもキンク(折れたりねじれたりしてクセがつく)したりパーマになったりします。 これもハリスの強度は落ちてしまいます。それにその部分は水中で見えやすいのでその点でも良くないです。ただちにハリスを交換した方がいいと思います。

自分で手前マツリさせた時も同様になることがあるのでご注意ください。

ハリスが傷む原因4:魚の引き

魚の引きによってハリスの結び目に負担がかかって弱ってきます。これは見た目には全然わからないことが多いです。 なので大きめの魚を釣った時は結びをやり直した方がいいと思いますし、 そう大きい魚でなくても何匹か釣ったならやはり結び直した方がいいと思います。

以前、コマセマダイ釣りでお客さんが試しにハリの結び直しをやらずに釣り続けたところ、1kg前後のマダイでそう大きくはなかったのですが、 7枚ほどでハリスがハリの結び目から切れてしまいました。やっぱり気をつけた方がいいです。

大物への対策として、結び目を編み込みで補強しておくという手もあります。 ジギングやひとつテンヤなどであれば、リーダーを金具に結んだ後、余った糸の端でハーフヒッチを繰り返し行い結び目への負担を軽くすることができます。 エサ釣りでもハリを結ぶ時に編み付け用の糸も用意しておいて、ハーフヒッチで編み付ければやはり結び目の負担を軽減できます。

ハリスが傷む原因5:船に擦れる

特に青物がかかった時ですが、巻き上げてきて水面近いところまで来てもまだ魚は抵抗して泳ぎ回ったりします。船の下に入り込むと船にハリスが擦れて傷むことがあります。

もしまだ竿を持っている状態であれば、竿を船の外側下方に向けて張り出してリーダーが船に擦れないようにした方がいいです。 もしハリスを手で手繰っている状態ならば、できる範囲で手を伸ばしてやはりハリスが船に擦れないようにしましょう。

以前ジギングでリーダーが船に擦れたのを放置していて、次に大きいのがかかった時にプツンと切れてしまったことがあります。ご注意を。

ハリスをデッキに置いている時に足で踏んでしまうと当然ながら傷んでしまいます。 自分のハリスを踏まないのはもちろんですが、トイレに行く時などに他のお客さんのハリスを踏まないように十分を気をつけくださいね。

ハリスが傷む原因7:プライヤーで挟んでしまう

釣り上げた魚からハリを外す時、プライヤーを使う方が多いですよね。 プライヤーでハリだけをつかめばいいのですが、結び目やハリスをつかんでしまうことがしばしばあります。 これはもうそこが傷んでしまいますね。

プライヤーを使う時はハリスに触れないようにする事。またはプライヤーを使わずにハリ外しを使うのもオススメですよ。

ハリスが傷む原因8:結び方が悪い

ハリスやリーダーを結び時、特に締め込む時ですが、摩擦熱の発生に気をつけてください。摩擦熱はハリスを弱らせます。 摩擦熱を極力発生させないために、締め込みは徐々にゆっくりと、必要に応じて唾液などで湿らせてから締め込むなどの工夫が必要です

関連記事
ボタン:初心者のための船釣りの釣り方へ ボタン:道糸が竿に絡む、糸絡みを防ぐへ ボタン:道糸(PEライン)が切れるへ ボタン:マダイ釣り仕掛けを自作するへ ボタン:便利なハリ外しへ ボタン:船釣りでのバックラッシュを防ぐへ ボタン:マダイの仕掛けを絡ませない方法へ