船釣りで釣ったマルソウダの食べ方・料理法をご紹介しています。

マルソウダの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

マルソウダとは

ソウダガツオはカツオの仲間です。ソウダガツオにはマルソウダとヒラソウダの2種類がありますが、 能生近辺で主に釣れるのはマルソウダです。 ヒラソウダはこの辺にはいないのかどうかわかりませんが、船長は見たことがありません。 一般的にはヒラソウダの方が美味と言われています。船長はどちらも食べたことがありますが、 正直なところ食べ比べでもしない限りなかなか味の違いはわからないと思います。 どちらもとても美味しいと思います。 ただマルソウダは血合い部分が大きくてそれを取り除くとちょっと歩留まりが悪いという点は否めません。

実はリリースする人が結構多いんです。でも持ち帰って食べた人は大抵喜んでくれますね。 なんでリリースするかと言うと、美味しさを知らないという事がまず一つと、 ヒスタミン中毒の可能性が若干あるからです。

マルソウダは釣り上げた後、体内に徐々にヒスタミンが生成されていきます。 このため生で血合いを食すとまれに下痢などの中毒症状をおこすことがあります。 ヒスタミンの増加をなるべく防ぐには、釣り上げたらすぐに血抜きをして、その後水氷で急速に芯まで冷やすといいです。 そしてなるべく早めに食してください。

ヒスタミンは特に血液・血合い部分で増加するので、しっかり血抜き+冷却してあるなら、 血合いを取り除けばヒスタミンに敏感な人でない限り大丈夫です。

釣った後の処理がちゃんとしてれば血合いを食べてもほとんどの場合問題ないらしいですが、 それでもまあ取り除いたほうが無難でしょうね。

マルソウダのヒスタミンに関しては、こちらの記事が詳しいです。 → ざざむし。

それとサバやイカと同様でアニサキスがいる可能性があります。 生で食べる時は、薄めにスライスしたり、アニサキスがいないかよく見て下さい。 長さ数cm位で白く細長いです。

マルソウダを初めて食べるなら

初めて食べるなら、血合いを取り除いた上で、お刺身をおすすめします。 ホントに美味しいですよ。

その他のマルソウダおすすめ料理

アジのように、マルソウダの身をを粗めにきざんで、ネギ、生姜等を混ぜてたたきにしたり、なめろうにしても美味しいです。

皮付きで炙り(カツオのタタキのようにしてもよい)、ヅケカルパッチョつみれ汁さつま揚げ唐揚げ煮付け、など。

アラは美味しい出汁が出るので、アラ汁もいいです。

マルソウダ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。