船釣りでの胴突き根魚釣りの仕掛け、釣り方など。

胴突き根魚釣り

胴突き根魚釣りの釣果写真画像

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン

胴突き根魚釣りの概要

クロソイ、キツネメバル、カサゴ、ウッカリカサゴなどの根魚を胴突き仕掛けで狙います。

美味しい魚があがります。

大体水深30~130m前後を攻めます。

資源保護のため、あまり何度も回数はやらないかも知れません。すみませんが予めご承知おきください。 ほとんどの場合、春先のカレイ釣りとのリレーになると思います。

胴突き根魚釣りの仕掛け・道具

竿はオモリ80または100号が使えるもの。(春のカレイ釣りとのリレーではオモリ80号を使います。) あまり硬すぎなければ73調子でも64、55調子でもいいと思います。

春のカレイ釣りとのリレーでは浅めの水深がメインになるので手巻きでも構いませんが、 深い所を狙う時は電動リールを推奨します。道糸はPE4号程度を最低200m以上。

オモリ80~100号。春のカレイ釣りとのリレーではオモリ80号を使います。

仕掛けは胴突き2本バリ程度で十分です。エダスは最低30cm以上あった方がいいと思います。 自作されるなら、下記の泳がせの仕掛けを参考にしてください。

市販のソイ狙いの仕掛けはゴツイし長いのであんまり適さないです。 市販の仕掛けを購入するなら、泳がせの仕掛けアカムツの仕掛けがいいと思います。

余るかも知れませんが仕掛けは最低3つは用意しておいた方がいいでしょう。 根がかりもありますからね

付け餌は、サバ・サンマ身餌、イカタン、ホタルイカ、冷凍イワシ、活きアジなどです。 他にもご自由にお試しください。 餌の総数は春のカレイとのリレーの時はハリ数×10位を目安にしてください。 一日便の時はハリ数×25位を目安にしてください。

コマセは使用しません。

関連記事
ボタン:身エサの加工についてへ

胴突き根魚釣りの釣り方

事前にすべてのハリに餌を付けてください。そして船べりに並べておきます。

船長の投入合図で仕掛けを一旦底まで沈めます。

着底後少し底を切ってください。根掛かりもあるのであまり頻繁に底に当たらないように、 1m程度を基準にしてください。また、まめに底を取り直してください。

アタリは竿先がガクガク揺さぶられるのですぐにわかると思います。特にアワセは必要ありません。

船長から特に指示がない限り、再投入可能です。

美味しくいただく

ボタン:キジハタ食べ方のページへ ボタン:クロソイ食べ方のページへ ボタン:キツネメバル食べ方のページへ ボタン:カサゴ食べ方のページへ ボタン:メバル食べ方のページへ ボタン:ウスメバル食べ方のページへ ボタン:ウッカリカサゴ食べ方のページへ ボタン:チカメキントキ食べ方のページへ ボタン:アジ食べ方のページへ ボタン:サバ食べ方のページへ