船釣りで釣れる沖メバルの食べ方・料理法をご紹介しています。

沖メバル(ウスメバル)の食べ方・料理法

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン
こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

沖メバル(ウスメバル)とは

ウスメバルの釣果写真画像

メバルは主に30m前後の浅場で釣れる黒や金色のメバルと100m前後の中深場で釣れる赤いメバルの2種類があります。 (ここではキツネメバル等の仲間は除外。) 赤いメバルの方を釣り人は『沖メバル』と呼びます。 沖メバルはウスメバルとトゴットメバルが一般的に知られていますが、今のところこうゆう丸で釣れたのはウスメバルだけです。

ウスメバルは釣り人でないとあんまり馴染みがないかも知れませんが塩焼きが絶品です。

こうゆう丸では3~4月に沖メバルを専門に狙う他、アカムツ釣りオニカサゴ釣りなどの外道で釣れることがあります。

関連記事
ボタン:沖メバル釣り ボタン:アカムツ釣りへ ボタン:オニカサゴ釣りへ

沖メバルを初めて食べるなら

塩焼きをおすすめします。できれば数日寝かせて熟成させてからの方がいいです。

その他のおすすめ沖メバル料理

刺身昆布締め唐揚げ干物煮付けホイル焼アクアパッツァ骨湯酒蒸しなど。

個人的にはですが、沖メバルは塩焼き、黒メバル(メバル)は煮付けの方が好きですね。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

沖メバル料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法