船釣りでの沖メバル釣りの仕掛け、釣り方など。

沖メバル釣りのページ

沖メバル釣果写真画像

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン
関連記事

沖メバル釣りの概要

上越近辺の沖メバルはウスメバルです。トゴットメバルはいないのかわかりませんが今まで見たことがないですね。 ウスメバルは脂と旨味の多い美味しい魚です。

外道も美味しい魚があがります。

こうゆう丸では3月~5月GWに沖メバル釣りをやっています。 特に難しいテクニックもないので比較的簡単な釣りだと思います。

大体水深80~130m前後を攻めます。

資源保護のため、あまり何度も回数はやらないかも知れません。すみませんが予めご承知おきください。

沖メバル釣りの仕掛け・道具

竿はオモリ100号が使えるもの。 73調子とかでも使えないことはありませんが、できるだけあまり短くない柔らかい胴調子の方が波のある時はいいようです。 100号乗るならマダイ竿でも大丈夫ですよ。ダイワの昔の竿、食わせマダイXとか合うと思います。

水深が深いので電動リールを推奨します。道糸はPE4号程度を最低200m以上。

オモリ100号。

市販の沖メバル用胴突仕掛けが使えます。 探るタナが広い方が有利なので10本ハリ位の仕掛けまではいいですよ。 実際釣れたことあるやつだと例えばこんなのです。

ボタン:ウスメバル市販仕掛け例写真画像

付け餌は、サバ身餌、イカタン、ホタルイカ(外套を取り去り頭と足と内臓のみにする)などで実績があります。 他にもご自由にお試しください。身餌はあまり大きくならないように、目安としては0.7×4cm位。 餌の総数はハリ数×15位を目安にしてください。

コマセは使いません。

関連記事
ボタン:身エサの加工についてへ

沖メバル釣りの釣り方

事前にすべてのハリに餌を付けてください。

船長の投入合図で仕掛けを一旦底まで沈めます。

船長からタナ指示があればそれに従い、なければ着底後1m程度底を切ってください。 沖メバルは底付近に張り付いていることもあれば、5m、10m以上と上に浮いていることもあります。 反応の様子は船長がアナウンスしますが、探見丸をお持ちの方は魚探画面で確認してタナを合わせてもいいです。

アタリは竿先がガクガク揺さぶられるのですぐにわかると思います。特にアワセは必要ありません。 竿にもよりますが波のある時は当たってから手持ちに変えた方がいいかも知れません。 追い食いしやすいし、バレにくくもなります。

しかし当たってもすぐには巻き上げないでください。 しばらく追い食いを促します。活性が低い時は底付近でしか当たりません。 底付近のタナを維持して少し待ちます。でもなかなか追い食いはしないかも知れません。 活性が高い時は魚が浮いていて上のハリにかかります。 そういう時は1~2mづつ巻き上げては待って追い食いさせていきます。 探見丸があると反応の位置がわかりやすくていいですね。

しばらく追い食いさせた後、巻き上げます。

船長から特に指示がない限り、再投入可能です。

沖メバル釣りの動画

美味しくいただく

ボタン:ウスメバル食べ方のページへ ボタン:ウッカリカサゴ食べ方のページへ ボタン:クロソイ食べ方のページへ ボタン:キツネメバル食べ方のページへ ボタン:レンコダイ食べ方のページへ ボタン:チカメキントキ食べ方のページへ ボタン:アマダイ食べ方のページへ ボタン:アジ食べ方のページへ ボタン:サバ食べ方のページへ