船釣りで釣ったレンコダイの食べ方・料理法をご紹介しています。

レンコダイの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

レンコダイとは

レンコダイ写真画像

マダイに似ていますが小型で釣れるのは1kg未満です。体色に黄色が含まれるため標準和名はキダイといいます。

マダイに比べると若干身に水分が多いのでそれだけ留意していれば味はマダイに似ていますので美味しい魚です。 たまにスーパーで『マダイ』という表示で売られていることもありますね(汗)

主にアマダイの外道やひとつテンヤなどで釣れます。細かいテクニックなどの必要なく初心者でも簡単に釣れる魚です。

ボタン:アマダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ釣り ボタン:タイラバ ボタン:サビキ五目

レンコダイを初めて食べるなら

レンコダイの美味しさを知っていただくために初めて食べる方に特におすすめしたいのが、 酢締めごま漬けです。酢で締めるのがとっても合う魚なのです。

レンコダイのさばき方は下記の動画を参考にしてみてください。

その他のおすすめレンコダイ料理

刺身湯引き焼き霜カルパッチョ、、 塩焼き塩釜アクアパッツァ煮付けトマト煮酒蒸し中華蒸し(清蒸:チンジョン)鯛めし潮汁・お吸い物、 唐揚げ(小さいのは丸ごとでも)、 押し寿司セビチェ南蛮漬けなど。

若干身に水気が多いので、調理前に塩を振ってしばらくおいてからの方が美味しくできやすいです。 汁物にする時はさらに少し焼いてから使った方が生臭くならなくていいです。

船上干しも美味しいですよ。

小さいレンコダイは唐揚げ、汁物、酢締め、南蛮漬け、塩焼きなどで美味しくいただけますよ。 唐揚げは小さければ二度揚げすれば頭からイケると思いますが、気になる方は頭だけ落としてもいいです。

関連記事
ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法

レンコダイ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

天ぷらは旨い。家族にも大好評。

レンコって期待してなかったけど酢締めがホントに美味しかった。家族に大人気でした。

どうやって食べるか迷うような小さいレンコも塩焼きで美味しくいただけますよ。

(冬に釣ったお客さん)アマダイとレンコダイを刺し身にしましたが、子どもはレンコダイの方が脂が乗って美味しいと言っていました。

(9月に釣ったお客さん)レンコダイは、刺し身にしようと思うような大きい物は今まで中々釣れませんでしたが、 今回は大きかったので刺し身にしてみました。身はコリッとしているほど硬くなく、 脂ものっておりとても美味しく頂きました。家族も甘鯛とはまた違った食感に喜んでいました。 この時期の真鯛よりも旨いかもしれません。

関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法