船釣りでのマダイ釣りで秋の時期の注意点を解説しています。

マダイ釣り 秋の注意点

このページの目次

この記事は、こうゆう丸での釣りを前提としています。他の釣り船さんでは状況が違うでしょうから、 そのまま適用できるとは限りません。 必ず各船のルールを守り、船長さんの指示に従っていただくようにお願いします。

関連記事
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

秋のマダイ釣りの概要

秋のマダイは様々な水深のポイントに散らばっています。浅いポイントでは30m程度。深いポイントでは100m以上のポイントに行くこともあります。

非常に高いタナまで浮いてくることもあれば、底近くでしか摂餌しないこともあり、また浮く個体と浮かない個体の両方が同時に出てくることもあります。

マダイは1~2kg位、あるいはそれ未満の比較的小型が多いですが、それらに混じって大鯛が姿を現すことも時々ありますのでご注意ください。

イナダ/ワラサ、ヒラマサ、サワラ、ソウダガツオなど、美味な青物が多く混じることがあります。 ワラサがいっぱい釣れてもうこれ以上いらないという場合はリリースしていただいても構いません。ただ非常によく似ているヒラマサは美味なので持ち帰った方がお得です。 ソウダガツオは殆どマルソウダです。マルソウダは血合いを生で食すとお腹をこわす事があるのですが、ちゃんと血合いをとれば刺し身でもなかなか美味しく食べられますよ。

関連記事
ボタン:ヒラマサとブリの見分け方

仕掛けについて

やや重め~重い仕掛けに当たりやすい事が多いです。ただし例外もありますのでご注意を。

通常はハリス12mにしていますが、マダイの様子によっては15m位まで伸ばすこともありますので対応できるようにご準備ください。

青物が多く混じる事があります。大抵は3kg前後ですがもっと大きいサイズが来る可能性も十分あります。 ファイトにあまり時間がかかるとオマツリしてしまうかも知れませんので相手が青物であればマダイよりもやや強引なファイトが必要になり、ハリス切れの可能性も出てきます。ハリス4号を使っていて青物をバラしたくないから慎重にゆっくりやり取りするというのは少々わがままです。慣れていない方や青物が欲しい方はハリスを5号程度にしてやや強引なファイトでも大丈夫なようにしておいてください。

青物がかかった場合、2本バリ仕掛けはハリスを手繰る時に非常に危険です。なるべく1本バリにてお願いします。

あえて青物を狙いたい場合は12mよりも短い仕掛けに変えていただいても構いません。ハリスは5号以上にしてください。

ハリス切れを防ぐために釣行中はマメにハリを結び直してください。傷などがなくても魚が釣れたら結び直します。魚の引きによって結び目が弱ってくるからです。 秋は特に青物が多いですし、型のいいマダイも混じることがあります。結び替えをせずに放置しているといずれ必ず切れます。それが大事な大物がかかった時かも知れませんよ。

関連記事
ボタン:ハリス切れ・リーダー切れへ

釣り方について

置き竿でも当たりますが、誘いに乗ってきやすいことが多いです。普段置き竿の人も時々誘ってみてもいいかと。誘いの練習になるかも知れません。

浮いてこない下層のタイを狙う時はバレやすいことがあります。そういう時は春と同じでゆっくり大きく聞き上げてください。

青物への対処

青物が多いのでトイレに行く時は仕掛けを上げてから行くようにしてください。いない時に青物がかかったら周りに迷惑がかかりますからね。

かかった獲物が青物の場合、マダイと違って電動に任せてゆっくり巻き上げるだけではなくポンピングをしないとなかなか上がってきません。 なかなか上げられずに時間がかかれば、他のお客さんとオマツリして迷惑をかけてしまうことになります。青物がほとんど来ない時期に珍しく大きい青物が来てオマツリしたというのなら、まあ仕方ないかと他のお客さんも考えてくれるでしょうが、青物の多い時期に青物がかかってやり取りに過度に時間がかかっていればオマツリ多発で最悪は釣りにならない状況になってしまいます。マダイとは違うやり取りを予め勉強しておいて、また青物が欲しい方はハリスは5号以上にしておいてください。青物かどうかの見分け方と青物とのやり取りの方法は下記の関連記事をご覧ください。巻き終えてハリスを手繰る時も無理のない範囲であまり泳がせないようにしましょう。

青物が多いことでオマツリも発生しやすくなります。オマツリした場合の対処は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事
ボタン:ワラサがかかった時のやり取り ボタン:オマツリしたら

シイラやソーダガツオによるオマツリを防ぐ

シイラやソーダガツオなどが釣れることがあります。これらは横方向に泳ぐため他のお客さんをオマツリに巻き込んでしまいます。竿の動きに注意してください。 竿が変な動きをしたらかかってしまった可能性が高いです。竿が浮き上がることもあります。 ちょっとおかしい動きをした後は何ともなくてそのままにしていたら気づかぬ内に水中で泳ぎ回ってて周りの仕掛けをひっかける事もあります。 おかしいと思ったらとりあえずすぐ巻きましょう。かかっているなら速く巻いて、強引にさっさと取り込んでしまいましょう。

シイラやソーダガツオは仕掛けの投入時と空の巻き上げ時にかかる事も多いです。投入時は必ずビシを落としながら仕掛けをおろしてください。 ビシを一旦水面で止めておいて仕掛けを先に全部海へ入れてしまうやり方だと餌食になる可能性が高いです。 空の巻き上げ時は高速で。ハリスを手繰るのも速くやりましょう。

秋のマダイ釣りの動画

下の動画は青物とのファイトも映ってます。

関連記事
ボタン:マダイの仕掛けを自作してみましょう!へ ボタン:ビシマテーパー仕掛けとは ボタン:周りの人が釣れているのに、自分は釣れないへ ボタン:マダイ(真鯛)がばれないようにへ ボタン:マダイ(真鯛)の釣り方へ ボタン:マダイ(真鯛)の仕掛け・道具へ ボタン:マダイ釣りの総合ページへ ボタン:ヒラマサとブリの見分け方