船釣りで釣ったサワラの食べ方・料理法をご紹介しています。

サワラの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

サワラとは

サワラ写真画像

歯が鋭くてジグや仕掛けを切っていく悪者なのですが、釣り上がりさえすれば喜ばれます。 昔はあまり見ませんでしたが、近年急激に増えてきています。

サワラは漢字で書くと『鰆』であり春が旬と言われるのですが、 この辺では秋から冬にかけての型のいいサワラは脂が乗って非常に美味。夏でもイワシを食ってる個体はトロの味わいです。

小さいものはサゴシとも呼ばれます。やはり大きい方が美味しいです。

ジギングがメインになりますが、コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどでも外道で上がります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り

サワラを初めて食べるなら

お腹を開けてみると脂のノリがだいたいわかると思います。

脂が乗っているなら皆さん絶賛される炙り刺しがおすすめです。

あまり脂が乗っていないようなら西京焼きをおすすめします。 西京焼きはサワラの超定番料理です。

その他のサワラおすすめ料理

刺し身、幽庵焼き蒲焼き味噌煮カルパッチョ生ハム酢締め押し寿司朴葉味噌焼きからすみムニエルなど。

脂が乗ってるなら塩焼きも。特にカマが美味。

真子・白子が入っていたら、それも美味しくいただけますよ。

小型のサワラ(サゴシ)は脂のノリも少ないので、カルパッチョや酢締め、押し寿司、竜田揚げ、唐揚げ、ムニエルなど、油か酢を使う料理で美味しくいただけますよ。

関連記事
ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。 ただしサワラは比較的劣化しやすい魚なので、釣った後の処置は万全にしておきたいです。

サワラ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。