船釣りで釣ったヒラマサの食べ方・料理法をご紹介しています。

ヒラマサの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

ヒラマサとは

ヒラマサ写真画像

外見はワラサそっくりですが味は違います。秋に釣れたヒラマサはほぼ確実に美味しいです。 その味ゆえにお客さんには非常に人気があります。 コマセマダイ釣りの時でもマダイよりもヒラマサがほしいという方も結構おられます。

ボタン:ヒラマサとブリの見分け方

専門には狙っていませんが、秋にコマセマダイやジギングの時に釣れます。 2~3kgクラスがメインですが10kgを超えるサイズも可能性があります。 『海のスプリンター』との異名を持ち、同じサイズならワラサよりも引きが強く楽しませてくれます。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り

ヒラマサを初めて食べるなら

まずはお刺身をおすすめします。数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

残った皮は塩焼きに。アラはアラ煮がいいでしょう。

ヒラマサのさばき方は下記の動画を参考にしてみてください。

その他のおすすめヒラマサ料理

刺身(皮付きで炙りも)、 ヅケ丼酢じめ照り焼き塩焼きカルパッチョフライ、 カマの塩焼き、りゅうきゅう、ブリ(ヒラマサ)大根、しゃぶしゃぶムニエル竜田揚げ、兜焼き、アラ汁骨蒸しなど。

ヒラマサ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

『ヒラマサを3日寝かせて刺し身で食べましたが、歯ごたえ・旨みともに最高で美味しかったです。また釣りたい。』

『夕べ、ヒラマサの漬け丼を食べましたが、とても美味しかったです。刺し身も美味しかったです。また、ヒラマサ釣りたいです。』(こちらのお客さんも3日寝かせてます。)

『まずはカマを塩焼きに。脂ノリノリで旨かったです。身の方は5日ほど寝かせて刺し身で食べたら激ウマでした。こんなに寝かせたのは初めてだったけどやってよかったです。』

『みんながびっくりしたのが平政のお刺身です、2日目に頂きましたがいまいまで食べたことのないうまさでした』

『先日のヒラマサはすごく脂がのっていて刺身も塩焼きも最高に美味しかったです』

(船長注:釣りに同行できなかったお友達にヒラマサをお裾分けしたらこのメールが届いたそうです) 『早速、ヒラマサ捌いてみたけど、まるで大きなブリのような脂のノリでした! つまみ食いの感じは激ウマ。もしかして大当たりの個体をもらってしまったかも…とにかく、ありがとう。』

『先週の真鯛〜甘鯛の時に釣れたヒラマサですが、脂が乗っててとても美味しかったです。半分は味噌漬けにして毎朝食べてます。メタボだった甘鯛も、イサキも意外に脂が乗ってました。 あと、メジナに黒鯛、真鯛と いろんな味が楽しめました。』

『釣らせて貰いましたヒラマサ格別に美味しく嫁さんに又釣りに行ってきてとリクエストされております! ありがとうございました✨』

『先日のヒラマサ今日まで6日間寝かせて鮨にしてみました』

熟成ヒラマサの握り寿司写真画像

(船長注:12月にコマセ真鯛釣りの外道で)『真鯛は、刺し身での食べ頃サイズと塩焼きサイズを合わせて6枚と久しぶりの釣果でした。 既に、腹には脂が入っており松皮造りでは好評でした。 ゲストの石鯛も、真鯛とは違った食味で美味しかったです。 ところで、仕掛けを回収中(水面から8m位)に掛かったヒラマサは、ゲストとしては一級でした。 翌日の夜に半身を刺し身にしました。腹身が厚く、脂ものっており家族からは大好評でした。 翌々日の夜に、残りの半身をブリしゃぶならぬ、ヒラしゃぶでいただきました。 これまた、とても美味しくて家族には大好評でした。 釣ってから三日目なので、全身に脂がまわり身も柔らかく刺し身でも十分楽しめそうなので、 次に釣れた時は、三日間熟成してから刺し身で食べようと思います。』

関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法