釣れた魚の種類を見分ける方法・違いについて説明しています。

魚の見分け方

このページの目次

(おまけ)こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ
ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

マダイとハナダイの見分け方

こちらがマダイ

マダイとハナダイの見分け方:マダイ写真画像。尾びれのフチが黒い。体色がオレンジっぽい。

こちらがハナダイ

マダイとハナダイの見分け方:ハナダイ写真画像。エラブタのフチが赤い。体色がピンクっぽい。

わかりやすいのは、エラブタのふちの色と尾びれのふちの色ですね。

ブリとヒラマサの見分け方

一番わかりやすいのは上唇上端の形状です。ヒラマサは丸くなっていて、ブリは角ばっています。

ブリとヒラマサの見分け方写真画像

その他に、こんな違いもあります。

クロソイとキツネメバル(マゾイ)の見分け方

クロソイの見分け方写真画像 キツネメバルの見分け方写真画像 クロソイの見分け方写真画像。目の下のトゲ拡大写真 マゾイの見分け方写真画像。目の下のトゲ拡大写真

マコガレイとマガレイの見分け方

マガレイとマコガレイの見分け方写真画像 マガレイとマコガレイの見分け方(腹側)写真画像

ムシガレイとソウハチの見分け方

ムシガレイもソウハチも、マガレイやマコガレイのような小さなおちょぼ口ではなく、ヒラメ型のやや大きめの口の形をしています。

ムシガレイとソウハチの見分け方写真画像。背側。 ムシガレイとソウハチの見分け方写真画像。腹側。

その他のカレイ

イシガレイには、石のような固い部分がヒレのそばの表皮にあります。

イシガレイの見分け方写真画像。石のように固い部分がある

スルメイカとヤリイカの見分け方

スルメイカとヤリイカ見分け方写真画像。エンペラの形と触腕の大きさが違う

この写真では上がスルメイカで下がヤリイカです。

もっとも大きな違いはエンペラの形です。スルメイカの方は長さが短く胴の先端付近にしかないのに比べ、ヤリイカのエンペラは胴の半分位まで達する長さがあります。 ヤリイカのエンペラはまさに槍のような形なんですね。

もう一つの違いは触腕です。イカは足が10本あることはご存知ですね。その中でも2本、他より長くて太い足があるのです、これを触腕と言います。 スルメイカは触腕が他の足に対して明らかに太くて長いです。ヤリイカの触腕はよく見ないと他の足と区別しにくい程度の太さと長さなのです。

もう一つ、体色の違いもあります。下の写真の方が違いがわかりやすいのでこちらを見てください。

スルメイカとヤリイカ見分け方写真画像。色が違う

新鮮なスルメイカ(右側)は濃い茶色をしています。これだと一目瞭然です。

でもヤリイカも体色が濃くなることもあります。下の写真を見てください。

ヤリイカの体色写真画像。色が違う個体もいる

3ハイともヤリイカです。ところが1ハイだけ濃い色のがいますね。水中なのでわかりにくいですが濃い赤色をしています。 スルメイカの茶色に対してヤリイカは赤で、色は違います。ただ慣れないとこの色の違いはすぐにわからないかも知れません。 やはりエンペラが一番わかりやすい見分けポイントだと思います。

スケソウダラとマダラの見分け方

スケソウダラとマダラの見分け方、違いの写真画像

写真の上がスケソウダラで下がマダラです。違いは大きく3つ。一番わかりやすいのは、マダラのみに下顎にヒゲがあることです。 他には体側の模様の色と形が違います。スケソウダラの方が色が黒っぽくて縞状の模様になっています。 あと体型がスケソウダラの方は細長く、マダラは丸っこいです。

関連記事
ボタン:ジギングのページへ ボタン:カレイ釣りのページへ ボタン:マダイの総合ページへ ボタン:マダラ釣りのページへ