お客様から教えていただいたマダイの美味しい食べ方をご紹介しています。

マダイの食べ方・料理法(お客様からの情報編)

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン
こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

マダイの食べ方 お客様からの情報編

マダイ茶漬け

お湯をかけたときに表面に程よく熱が通り、中はレアになる程度の厚み(3mmくらい)の切り身を、 酒・醤油・ごまであえ、塩で味を調えます。割合は酒大さじ1、醤油大さじ1、塩小さじ2、ねりごま大さじ1位。 我が家では、更にすりごまを大さじ1入れています。 すりごまの食感が、またよいのです。

ピチットで干物

たまに贅沢に2kg後のマダイの干物を「ピチット」で作りますが、これが美味いんです!!釣り人だけの特権ですね。 塩焼きでは味わえない美味さです!!」(ピチットは「冷蔵庫で旨い干物をつくる」でも紹介しています)

マダイのなめろう

マダイの「なめろう」は、刺身幅を1cm位にします。それこそ「マグロのやまかけ」に使うマグロのように、ぶつ切り状態にします。 これに、万能ねぎを細かく切り、非常に少ない量の味噌とあわせ、手で軽く混ぜて出来上がりです。 こつは、ネギと味噌の量です。マダイの切り身を「大人のこぶし状」にした大きさに例えると、刻んだネギはその6割~7割程度と、非常に沢山のネギを使います。 また味噌は小さじ1杯程度の少量から混ぜ合わせて、薄味にする事で真鯛の旨みが消えないレベルにとどめます。途中、味見をしながら、調整します。 なお、作り置きはできません。塩分濃度(浸透圧)の違いから真鯛の身から味噌へ水分が漏れ出て、作って2時間もすれば水分でビチョビチョになって美味しくなくなります。 作ってすぐ食べる料理です。

マダイの冷シャブ風刺し身

冷しゃぶ風刺し身:刺し身状に切ったもの(皮付きでもなしでもどちらでも可)を軽く湯通しして周りは白く中はレアの状態にし、すぐに冷水で冷まし、水気を拭き取る。 お皿に保冷剤または氷を乗せサランラップを被せ(刺し身が水に浸からないように)、その上に水気を切った刺し身を盛り付ける。普通にわさび醤油で。夏に冷酒と合わせると最高だそうです。

上記の冷しゃぶ風刺し身を他のお客さんが作った写真です。

マダイ冷しゃぶ風刺し身の写真画像

上半分は冷しゃぶ風刺し身で下半分はサクの状態で湯通ししたものです。お客さん曰く「真鯛を寝かせて、真鯛の瞬冷しゃぶと、 柵のまま30秒茹でて冷やした真鯛のたたき風を作ってみました。やはり、しゃぶの方は甘味が強く、たたき風の方は周りは甘く、 真ん中は刺身のようなねっとり感がありどちらが勝るとも劣らず非常に旨いです」との事。

その他の美味しいマダイ料理情報

ひと口大に切ったマダイを素揚げにして、ポン酢で。

天ぷらはかなり美味しいす。白子の天ぷらもgoodです。

ヅケに卵の黄身を乗せてゴマを振り、ユッケ風の丼

ムニエルにして、お好みのソースで。酸っぱ辛い東南アジア系のソースがおすすめです。

キノコや野菜と一緒にホイル焼き。

ウロコを油で揚げて、塩を一振りでウロコチップスの出来上がり。

胃の前にある白い食道の部分を串焼きにするとコリコリして美味しいです。1匹に少ししかとれないので、複数釣れた時に。

から揚げも美味しいp>

キモと真子とを今評判の塩麹で一晩味を付け焼いてみたところ、これが最高!絶品の酒の肴になりました。

船長、先日の真鯛は一週間熟成させて握りで食べましたよ‼️旨かったです\(^_^)/

熟成させたマダイの握り写真画像

マダイの場合、生ハムに使うハーブソルトはニンニクの入っていないものの方が美味しいです。

リリースできなかった小さいマダイを酒蒸しにしてみたら、小さいお子さんが喜んで食べました。

(船長のコメント)お客さんが釣ったばかりのマダイを薄めの刺し身にし、それにガーリックオリーブオイルと岩塩をかけて私にくださった事があります。 マダイは基本的に熟成させた方が美味しいと思っていますが、これはまたこれでフレッシュな味わいがとてもよかったです。

ウマズラ肝パンで最高でした。真鯛の刺身を肝醤油でいただきました☆

肝が立派でしたので、持ち帰って「肝の刺身」(船長注:刺し身の肝和えでなく肝を刺し身でという意味です)で食べた所、 ウマヅラほどの濃厚さはないものの、非常に美味で臭みも全くなく、非常に美味しい肝でした。

最近の我が家のブームの一つは昆布締め。昆布締めにすると1週間くらいは楽しめます。もうひとつは西京漬け。 どちらもお刺身以上に酒の肴に最高です。

「鯛の塩竃」得意料理です。それと鯛飯は「宇和島鯛飯」をお勧めします。/p>

さて2日は真鯛のフルコースを友人4人と楽しみました。 メニューリストの通りの料理を全て私が作りました。 メインディッシュも非常に好評でした。

マダイのポワレ写真画像 マダイのフルコースメニュー写真画像

タマゴ、肝&胃袋を軽く茹でポン酢で肴にしたら絶品でした。

(船長のコメント)お客さんが「マダイで六宝を作ったらすごく美味しくて家族にも好評でした」と教えてくださって、 船長も試しに作って食べてみたらホントに美味しかったです。

秋の数釣り真鯛は楽しいですねッ✌️ 外道の⁉️3キロオーバーの真鯛も強烈な引きを楽しめました🎣 30センチクラスは塩焼き&素揚げで頂きましたけど✌️脂の乗り始めた紅葉鯛はクセがなく美味しく最高でした。

マダイの塩焼き写真画像 マダイの素揚げ写真画像

この時期名物❓の小鯛🐟 なかなか旨いですネッ😋 前回は塩焼きでしたけど、今回はアクアパッツァにしてみました。 0.5〜1kクラスの真鯛は丸ごと調理出来るのが魅力的ですね。

マダイのアクアパッツァ写真画像

(10月に釣ったお客さん)マダイとサワラのどちらも脂がのっておいしかったです。家族にも大好評でした。 (船長注:写真上はマダイのカルパッチョ、下はサワラの炙り刺しと普通の刺身です)

マダイのカルパッチョ写真画像

自宅に帰りご近所さん達に平政、甘鯛、メジナ等を差し上げたら4.7キロの真鯛とぺんぺんしか残りませんでした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)デモ皆さんに大変喜んで頂きました。 大鯛は湯引きと天婦羅で頂き、残りは西京漬を仕込み冷蔵庫で熟成中です。 真鯛は3キロを超えると味が落ちてきますが、この時期の大鯛はしっかり脂が乗っていて美味ですネッ。

マダイの湯引き写真画像 マダイの天ぷら写真画像 マダイの西京漬け写真画像
(船長注:この大鯛がうまかったのには訳がありました。それがこちらです。)

昨日の小鯛は姿蒸し餡かけ仕立てになりました。小っちゃ、と思った鯛も家庭用セイロには収まりませんね~

マダイのせいろ蒸し写真画像 マダイのせいろ蒸し餡かけ写真画像

船長ブログにあった塩竃焼、冷凍庫に入れてた11月末に釣った鯛で初挑戦。 一寸ケチって一番安い塩を使ったのと、オーブンに入れてた時間が保守的で長すぎたのか塩竈入りすぎ一寸塩っぱい(!) でも、パフォーマンス的にはバッチグー(≧ω≦)bですよ。 次回はミネラル分の高いいい塩使ったり、調理時間短くすると別物になりそう、来年またトライします。 が、船上では小っちゃ、と思う鯛が家庭用オーブン皿でも真横でなく、斜めに置かないと入りきれません。 次回はもっと上手く出来ると思います(!)

マダイの塩釜写真画像 マダイの塩釜写真画像

小鯛はフィリピン料理のシニガンスープにしましたが、タマリンド(豆の一種)の渋酸っぱい味と真鯛の出汁のバランスが良く絶品でした。(今回は輸入品のスープベースを使用)

マダイの塩釜写真画像

乗っ込みのマダイを釣っていかれたお客さんからのメッセージ

「のっ込み時の白子はマダラより濃厚で美味しい!」というお客様もおられます。 ホイル焼、茹でてポン酢、煮付け、味噌汁、塩麹漬け焼き、バター醤油焼き、茶碗蒸しなど。 卵巣や肝も煮付けると美味しいです。

関連記事
ボタン:真子白子の美味しい食べ方へ

締める時に放精してたので、コレは!と帰宅後に捌いたら立派な白子が入ってました。 軽く湯通ししてポン酢で食べましたが絶品ですね

マダイの大きかった奴2.6キロ。腹パンパンの雌で、捌いてみると大きな真子が取れました。 キモも大きかったので、キモと真子とを、今評判の塩麹で一晩味を付け、焼いてみたところ、これが最高!! 絶品の酒の肴になりました。 この真鯛、お久し振りの鳴門骨で、乗っ込み時期にしては脂がのっていて、刺身も美味かったです。

白子焼き。ポン酢にアサツキで食べました。スッゴク美味しかった

白子は塩麹をきらしてたので、塩して表裏3分焼いてレモンしただけですが美味しかった。 砂糖、酒、みりん、醤油、水を入れて煮立てた鍋に真子を入れて火を通して煮含め、更に残った煮汁を強火で煮立ててかけました

白子の塩焼き写真画像 真子の煮付け写真画像

昨日はありがとうございました。真鯛の白子の天ぷらは絶品でした。

ネットで調べたら、「マダイ白子のソテー、バルサミコソース味」というのが見つかり、夕べ妻が最後のものを料理しました。高級レストランの逸品のような名前ですが、調理自体は簡単。そして味は最高!!釣り人の幸せを味わいましたよ。 脂ぎっていない上品な味のウマズラのキモと表現すれば分かっていただけるでしょうか。とにかく旨いです!!

まぁなんと言っても白子が最高で、シンプルに塩味だけでホイル包み焼きにしたり、甘じょっぱく煮付けたりして楽しんでいます。

白子は塩麹漬の焼物で絶品でした!

釣った真鯛を捌いたところ鯛子が入ってました。ネットレシピで煮付けにしたら美味しかったです。 先日のブログの情報があればもっと上手にできたかも(汗)(船長注:ブログの情報とは下の動画のことです。)

真鯛の真子の煮付け写真画像

乗っ込みマダイは白子が最高ですね。身も天ぷらで食べました。 また白子狙いでお邪魔したいです。

真鯛の天ぷら写真画像 真鯛の白子の天ぷら写真画像

4Kの鯛は、焼き物、蒸し物、空揚げ等で食べるために切り身にして冷凍保存しました。 1K超えの鯛は、鱗を引き内臓と鰓を除いて、ラップに包み翌日の夕方まで冷蔵庫でねかせてから、刺し身にしました。 まったりとした食感になり、家族は大喜びでした。

先日のマダイは個体によりますが脂乗りがすごくて刺身は数切れ食べると…でした(汗) ですが西京焼きとポワレにしたらふわふわでめちゃウマでしたよ。 真子と白子も存分に堪能いたしました。 ただ、これが孵化したら…と思いつつ噛みしめながらいただきました。

(初挑戦だった初心者のお客さん)息子がタイをさばいて鯛めしを作ってくれました。すごく美味しかったです。

昨日釣った6キロの真鯛は美味しくいただきました。 捌いたら握り拳大の真子が入ってたBig mama (バス釣り用語かな❓)でした👎 真子、肝&胃袋をサッと炊き、身はフライで頂きました。 ノッコミ期の真鯛は脂っ気が無くあまり美味くないけど🎣しっかり血抜きして海水氷で締めてくると旨いですネッ🎣

鯛カツバーガー写真画像 真鯛の真子と肝の煮付け写真画像

先日は、おかげさまで楽しい釣りができました。ありがとうございました^_^ まずは、アクアパッツァで美味しくいただきました。

真鯛のアクアパッツァ写真画像

昨日はありがとうございました。フライパンに入るサイズだったのでアクアパッツァにしました。😊美味しかったです

真鯛のアクアパッツァ写真画像

やっぱり白子最高です✨そのために釣ってます。脂の乗ってる個体もありましたよ。(船長注:上から鯛めし、白子天ぷら、カマと真子の煮付けです)

鯛めし写真画像 マダイの白子天ぷら写真画像 マダイのカマと真子の煮付け写真画像

早速捌いて頂きました😃 乗っこみ前なのか味が美味しかったです。(船長注:5月の上旬なんですけど身の美味しい個体も結構混じってたみたいです。上から鯛しゃぶ、塩焼き、白子ホイル焼きです)

鯛しゃぶ写真画像 マダイ塩焼き写真画像 マダイの白子ホイル焼き写真画像

おすそ分けの友人から料理の写真が届きました🐟 鯛のから揚げ黒酢がけ 鯛の塩焼き 鯛のカルパッチョ 鯛飯 のフルコースです 美味しかったそうです👌 鯛はおすそ分けしても皆さんに喜んでもらえますね😄

鯛のから揚げ黒酢がけ・鯛の塩焼き・鯛のカルパッチョ・鯛飯写真画像 鯛めしほぐす前写真画像

自己流で料理してみました。 味は最高です。(船長注:刺身は普通の刺身の他に皮つきの湯引きも。他に白子と真子の湯通ししたもの、アラの塩焼きだと思います。)

鯛の刺身と湯引き・白子と真子のポン酢・アラの塩焼き写真画像

3.6kgの鯛に入ってた白子をソテー。 軽く小麦粉を両面にふってバターで炒め、蜂蜜とバルサミコ酢を煮詰めたソースに絡め頂きました。 海のフォアグラです(!)

マダイの白子ソテーバルサミコ酢ソース写真画像

腹身片身は、船長がよくブログで紹介される筋肉料理人レシピを参考にフライパン鯛飯に。 違いは、筋肉料理人レシピでは刻み塩昆布を使うのですが、塩昆布を使うと仕上がりが黒ずむので、代わりに昆布茶を使いました。

マダイのフライパン鯛めし写真画像

肩身の片身半分は炙りに。肉厚で食べ応えバッチリでしたよ。

マダイの肩身の炙り写真画像

特に美味しい3~4月頃にマダイを釣っていかれたお客さんからのメッセージ

上越地域のマダイは3~4月頃が最も美味とされ、お客さんにも好評をいただいております。 この時期にマダイを釣られたお客さんからのメッセージを以下にご紹介します。

やはりこの時期のマダイは本当に美味しいです!。酢飯に漬けが最高ですね。

この時期のマダイを炙りにすると本当に美味しい。湯引きだとまだちょっと皮が硬いけど炙りなら気にならないし、 炙ると身に含まれる脂が浮かんできて旨さが増す。

先日の真鯛、本当に美味でした。我が家では、湯引き、炙りはもちろん、季節外れかもしれませんが鯛しゃぶ、雑炊も大好評でした。 ごちそうさまです。

(こちらのお客さんは1月に釣った方ですが)さばいてみたら包丁が脂でべっとりでした。

離れて住む家族に送ったら、脂が乗ってすごく美味しかったそうです。アヒージョで。

マダイのアヒージョ写真画像

昨日釣った鯛を友人らと食べました。ほんとに旨いです。ちなみに、定番の刺身、塩たたき、塩焼き、兜煮、唐揚げ、鯛飯、鯛汁と7品。 すべて私が料理しますが、友人にも大いに喜んでもらいました。 なお、「塩たたき」は我が家で一番人気のメニューで、日本酒、ビール、焼酎、白ワインなど、様々な飲み物にも合う優れもの料理だと自負しております。 あまり聞いたことのないメニューかもしれませんが、特に若い方にはお奨めの料理ですよ!

タイ大漁で、タイ料理を満喫しました。タイシャブや味噌漬けなど普段あまり出来ない料理ができました。 この頃のタイの旨さを味わいました。孫の離乳食にもなりましたよ。

個体差はありましたが、どの鯛も良い脂ノリでした。皮引きがとても簡単でしたね…。 お刺身、霜降り、漬け、カルパッチョ、お寿司に鯛しゃぶ。極めつけは天ぷら!。兜焼きも美味しかったー。 余すことなく美味しくちょうだいしました。

昨日の真鯛釣行の帰りにふきのとうを採って帰り、真鯛とふきのとうの天麩羅で蕎麦を頂きました。桜鯛は絶品ですネッ。 勿論!蕎麦つゆも真鯛出汁で♪♪釣り人の特権(^o^)

前回釣れたマダイの潮汁で塩ラーメンを作ったらすごく旨かったので今日のマダイでも作ります

今までの鯛は血抜きと氷締めで対応していましたが、今回はこうゆう丸で紹介していただいたルミカの神経締めを試しました。 魚が良いのもあり釣行翌日から食感とうま味十分の鯛を堪能でき、家族からも大好評でした。

(3月にタイラバで釣ったお客さん)初めてのタイラバで釣れてよかったです。刺身、塩焼き、鯛めし、潮汁が楽しめました。

(3月のコマセマダイのお客さん)食べ頃サイズの真鯛&ウスメバルは2日寝かせて刺身(一部炙り)&天婦羅で頂きましたが身が締まり脂が乗っていて抜群の旨さでした。 残りの小さな真鯛、ウスメバル達は塩焼きやアドボ(フィリピン料理🇵🇭)で頂きましたが出汁がよく出て大変美味かったです。 リリース出来なかった魚も調理方法を工夫すれば美味しく頂けますね🐟🎣😋

マダイとウスメバルの刺身写真画像 マダイとウスメバルの炙り刺し写真画像 マダイとウスメバルの天ぷら写真画像 マダイとウスメバルのアドボ写真画像

(3月のコマセマダイのお客さん)先日、釣らせて頂きました真鯛で塩ラーメン作って見ました。 アラからスープを取って、塩だれも作って煮卵とチャーシューも作りました👍 真鯛そのものが脂のっていて最高でしたぁ❗

マダイの塩ラーメン写真画像
関連記事
ボタン:マダイの食べ方・料理法へ ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:熟成させてから食べるへ ボタン:マダイの総合ページへ ボタン:刺し身をもっと美味しく食べましょうへ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ