船釣りで釣ったハナダイの食べ方・料理法をご紹介しています。

ハナダイの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

ハナダイとは

ハナダイ写真画像

マダイにそっくりです。味も似ています。たまにスーパーでマダイとして売ってるのを見ます。 厳密にはいけないのでしょうけどあまりに似ているので店員さんが気づかなかったのかも知れません。

ボタン:タイ類の見分け方

マダイに比べてあまり大きくなりません。この辺で釣れるのは大きくても1kg位までです。 手のひらよりもちょっと大きいくらいのサイズがメインになります。

年にもよりますが初夏にマダイの外道でいいハナダイが釣れます。 マダイの方は乗っ込み時期で味が一段落ちますが、ハナダイは旬。美味しいですよ。

コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどで釣れます。

ボタン:マダイ釣り ボタン:ひとつテンヤ

ハナダイを初めて食べるなら

酢締めがいいと思います。。三枚におろした皮付きの身に塩をふってしばらくおき、水分を出させます。 水分を拭き取ったら、酢とみりんなどで作った甘め(お好みですが)の酢につけます。身が少し白くなる位で完成。 食べやすい大きさに切ってお刺身のように食べたり、押し寿司にしたりもできます。

ハナダイのさばき方は下記の動画を参考にしてみてください。

その他のおすすめハナダイ料理

湯引き塩焼き唐揚げ塩麹漬け塩釜鯛めし干物カルパッチョしゃぶしゃぶ酒蒸し中華蒸しホイル焼き天ぷらアクアパッツァウロコチップスセビチェトマト煮など。あとアラは美味しい出汁がとれます。 アラ汁や大きいのはアラ煮などもどうぞ。

酢締めに似ていますが千葉県の郷土料理『ごま漬け』も。おつまみでもいけます。

船上干しも美味しいですよ。

一概には言えませんが、数日寝かせて熟成させてから食べた方が旨味が出て美味しいですよ。

ハナダイ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

お吸い物も美味しいそうです。ハリを飲み込んで持ち帰ったけど、小さくてどう料理するかなぁという時に やってみたそうです。美味しくてその後定番になったそうですよ。

(7月頭位にハナダイを釣ったお客さん)ハナダイを塩焼きにして食べました。抱卵していて美味でした!

関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法