船釣りで釣ったヤリイカの食べ方・料理法をご紹介しています。

ヤリイカの食べ方・料理法

このページの目次

facebookシェアボタン ツイートボタン LINEシェアボタン
こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

ヤリイカとは

ヤリイカ写真画像

こうゆう丸で狙えるイカは、スルメイカ(ムギイカ)、アオリイカ、アカイカ、コウイカ(スミイカ)と色々ありますが、 それぞれ時期や水深が異なります。ヤリイカは冬季(12~2月)に100m以上の比較的深い水深で狙います。

食味としては上品な甘みが楽しめるイカです。

ヤリイカはイカの中では比較的おとなしめで釣り味は繊細でテクニカルです。 まれにジギングの外道で釣れることはありますが基本的に単独の釣り物として12~3月位に専門に狙っていきます。

ボタン:ヤリイカ釣り ボタン:スルメイカとヤリイカの見分け方へ

ヤリイカを初めて食べるなら

まずはお刺身でしょう。 こだわるお客さんはエアポンプで活かして持ち帰り、新鮮な刺身を楽しんでいるようです。 新鮮なものはコリコリとした歯ごたえが楽しめますし、数日熟成させれば甘みが増します。 お好みでどうぞ。

関連記事
ボタン:お刺身調味料いろいろへ

ヤリイカはオスが比較的大型でメスが比較的小型になります。 小型のメスは卵を持っていて生で食べられますし甘みがあって美味しいですよ。お刺身と一緒に食べたらいいでしょう。 因みに精巣は怪我をする事があるので生で食べてはいけません。 卵は細かいツブツブが見えますし大きいので外見で精巣と見間違えることはないと思います。 参考までこちらの記事にヤリイカの卵の写真があります。

ヤリイカのさばき方は下記の動画を参考にしてみてください。

その他のヤリイカおすすめ料理

他には、なめろうヅケカルパッチョ、 小型は丸焼き、イカフライ、煮付けバターソテー、 バター醤油炒め、イカ焼きそばなど。

船の上でしか仕込めませんが沖漬けも美味しいです。

卵は生で食べる他にも煮付け等で美味しくいただけます。

ヤリイカ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。

「数釣れたらしゃぶしゃぶが美味しいですよ。いくらでも食べれます」

「スルメイカも釣れたらその肝を使って、ヤリイカの塩辛を作ると美味しいですよ」

「噛めば噛むほど甘みが口に広がり、ヤリイカは釣っても食べても最高ですね。」

「釣った日のお刺身はシャキシャキと歯ごたえよく、昨日からは甘みが出てきました。妻が張り切っていて、てんぷら、フライからイカ飯、お好み焼きまで、しばらく食卓を美味しく賑わしてくれそうです。」

関連記事
ボタン:釣った魚の食べ方・料理法へ ボタン:旨い干物の作り方へ ボタン:魚の肝・内臓を美味しく食べましょうへ ボタン:白子・真子(魚卵)を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ ボタン:刺し身をもっと美味しくへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:釣った魚を保管する方法へ ボタン:能生の美味しい地魚図鑑へ ボタン:キレイに骨を取り除く方法へ ボタン:旬をはずした魚や小さい魚を美味しく食べる方法