船釣りでのアジ泳がせ釣りの仕掛け、釣り方、食べ方・料理法など。

アジ泳がせ釣り(泳がせ五目)のページ

アジ泳がせ五目釣果ヒラメキジハタ写真画像

このページの目次

関連記事
ボタン:予約状況へ ボタン:こうゆう丸のいいトコロへ ボタン:泳がせ五目のシーズン確認へ
↓↓↓ 毎日更新!こうゆう丸の釣り情報ブログ ↓↓↓
Powered by RSSリスティング
ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

アジ泳がせ釣りの概要

アジ泳がせ五目釣果カサゴ写真画像 アジ泳がせ五目釣果ソイ写真画像

こうゆう丸では夏季にアジ泳がせ釣りをやっています。泳がせは月3回しかやっておりませんので、ご注意ください。

活きた小アジを餌に高級魚を狙います。巷ではまず売ってない白身魚の王様キジハタ(大好評の中華蒸しを是非!)をはじめ、 ヒラメ、ソイ等の美味しい魚が釣れます。

非常にライトな泳がせ釣りです。超大物狙いの泳がせ釣りではありませんので(たまに大物もきますが…) ライトタックル(LT)がおすすめです。

オマツリしなければカブラ・インチクや、ひとつテンヤ、ソフトルアーのキャスティング等もOKです。

ボタン:このページの一番上へ ボタン:この記事に関連する他の記事一覧へ ボタン:主要記事一覧へ ボタン:釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸トップページへ

アジ泳がせ釣りの仕掛け・道具

アジ泳がせ釣りの竿・リールなど

竿は30号以下が適しています(くわしくは「竿の号数について」をご覧下さい)。 大体どんな竿でも使えますが、2~2.5m位の6:4調子位が一番釣りやすいです。

マダイ竿も使えますが、柔らかいので大きい根魚などがかかった場合、 一気に根に持っていかれる可能性もあります。 あまり柔らかすぎたり、長すぎたりしない方がいいです。 逆に硬すぎる竿だとヒラメ等の食い込みに影響が出るかも知れません。

狙う水深は30~40m位がメインで、ごくたまにですが60~80mも狙う事があります。 手巻きリールでも問題ありません。道糸は4~6号位を100m以上。

この釣りはライトタックル(LT)がもっとも適していて、楽しいです。

ボタン:ライトタックルとは?へ

オモリは50号基本で80号もご用意下さい。ライトタックル(道糸2号以下)ならオモリ30号と40号をご用意ください。

この釣りはなれないと根がかりが多く、有害な鉛が海に多数残されることになります。 可能であれば鉛のオモリでなく鉄製のオモリを使用していただけると環境に優しく、とてもありがたいです。 おすすめは、フジワラの「ワンダーI」。「オモリ ワンダー」で検索すると通販ショップがいくつか表示されます。 東京の玉屋釣具店さんは品揃えが豊富なようです。 40号、50号、80号もあります。50号が入手できなければ60号でも結構です。 船の方でも鉄製オモリを少々準備していますので、ご相談ください。

アジ泳がせ釣りの仕掛け

泳がせの仕掛けは、下記3種類の中からお客さんに適したものを選んで下さい。 根がかりの可能性もあるので、仕掛けとオモリの数は最低でも3つはご用意いただいた方がいいと思います。 慣れない人はもっと根がかりが多いです。

1.ヒラメ用の仕掛け

LTでマメに誘ってゲーム性を楽しみたい方はこれ。市販のヒラメ用仕掛けも使えます。

但し港で釣る小アジの場合は型が小さいので大ビラメを狙うようなごっつい仕掛けは適しません。孫バリは不要です。 堤防で豆アジやイワシを泳がせてヒラメ等を狙う小型の泳がせ仕掛けが市販されてるようなのでそれが一番いいです。

自作される場合は、エダス4~5号50~70cm位に捨糸3号30cm、幹糸5号以上1m位でいいと思います。 アジが10cm未満の小型の場合は孫バリはなくても構いませんし、ない方が豆アジの負担にならないのでいいと思います。

釣具屋さんで活きアジを購入される場合はアジが大きめなので孫バリが必須となります。

2.胴突き仕掛け

ノーマルタックルの置き竿で狙う方はこれ。エダスの長い胴突き仕掛けも使えます。 2本のハリに餌を付けてアピールを増すことができ、1本バリ仕掛けよりもアタリが出やすい気がします。

日本海仕様と書いてある2本バリ位の泳がせ仕掛けが売っていますが(ヒラメ、キジハタ等をターゲットにしている)、 これはかなり使えるようです。

但しこの仕掛けはハリ数が多い分エサの消費も多くなります。市販の活きアジを購入されるような場合はもったいないですから、死んだエサや冷凍餌(イワシ、きびなご等)との併用の方がリーズナブルです。活餌を上バリに、冷凍エサを下バリにかけるといいです。

自作される場合は、エダス4~5号50~70cm位を2本、 幹糸5号以上(長さはエダス同士が絡まない程度)、 捨糸3号50cm位でいいと思います。

3.サビキ仕掛け

泳がせで釣れる魚以外にもお土産も確保したい方はこれ。 コマセを使ってお土産の中大アジやウマヅラなどを狙いつつ、 下の方のハリに活き餌をつけて泳がせも並行してできる形です。

(注)ここ数年、攻めるポイントが変わって、アジやウマヅラがあまり混じらないことが多くなりました。 船長に状況をご確認ください。

小アジ用のサビキと違い、しっかりしたものが必要です。ハリスは4号以上が無難です。

周りが当たっているのに自分に当たらない時に

捨て糸の長さとエダスの長さが同じ位の仕掛けは状況により当たりにくいことがあります。 この場合どちらかが長く、もう一方が短くなるようにすると当たることがあります。 どちらかと言うとエダスの方が長くなる方がおすすめです。

捨て糸とエダスの長さを変えてみると釣れることも、説明図

アジ泳がせ釣りのエサ

餌の小アジは、予めお客さんに準備してきていただきます。準備の方法は以下の3つです。

  1. 釣具屋さんで活きアジを購入する
  2. 早めに港にいらしてサビキで小アジを釣る
  3. 保険として冷凍餌も準備しておく
  4. その他のエサ

ご注意:以前は早めに集合していただき、みんなで船上で豆アジを釣ってから出港していましたが、 2015年度からそのやり方はなくなりました。お客さん個々にて活餌をご準備のうえご集合くださいますようよろしくお願い致します。

1.釣具屋さんで活きアジを購入する

最近は釣具屋さん(徳市さんなど)で活きアジを買ってくるお客さんが増えてきました。 間違いなく餌が確保できますし、港で釣れる豆アジよりもサイズが大きいので大物の可能性も上がります。 ただしできれば15~20匹ほど欲しいのでお金がかかるのが難点です。 徳市さんでの活きアジの購入方法はこちらをご覧ください。(注意点も書いてありますのでよく読んでください。)

釣具屋さんで売ってる活きアジは最適なサイズより少し大きい事もあります。状況によっては餌が大きすぎる事によって当たりにくくなる事も。 その場合、2本バリの仕掛けにして、上バリに活きアジ、下バリに冷凍エサ(イワシやきびなごなど)を使用すると、ヒラメや大きめの根魚は上バリで、 大きい餌に反応しない魚を下バリで並行して狙うことも可能です。ただし冷凍エサは誘わないと食いにくいのでご注意ください。

ボタン:釣具屋さんのご紹介へ

2.早めに港にいらしてサビキで小アジを釣る

港で釣る小アジはちょっと小さくて死にやすいのでお一人あたり30匹程度確保することが目標になります。

小アジを釣るための小さいサビキとアミコマセをご用意下さい。ハリは4号以下の小さめがいいです。小さいほどいい位です。 できれば複数のカラーがミックスされているサビキがいいと思います。

事前に港でせっかく釣っておいたアジがいざ出港時には半分以上死んでいたということが時々あります。注意が必要です。 小さいビクだと海中に入れておいても死にやすいようです。 完璧な方法はまだ見つかっていないのですが、できるだけ大きいクーラーをご用意いただき、その中に釣れたアジを活かした方がいいかも知れません。 この場合時々新鮮な海水を入れてやるかエアポンプを使う事、クーラー内にケミホタルを入れておく事、クーラーの蓋を閉める時はソッと締める事、暑い時は水温が上がらないよう凍らせたペットボトルを浮かべておく事、これらをご注意ください。

3.保険として冷凍餌も準備しておく

活き餌の小アジが釣れないこともあります。念のため冷凍エサ(イワシ、キビナゴ、ホタルイカ等)や、 スーパーで売ってる小アジ等をご用意いただくと保険になります。ちょっと餌取りに弱いですがひとつテンヤ用のエビ餌も使えます。

4.その他のエサ

小アジの活き餌の代わりとして、市販のシルバーフィッシュも実績あります。ただちょっと死にやすいです。 また徳市さんで扱っている活きイワシは食いがいい事があります。ですが短時間で死にやすいのでリスクがあります。

その他は、おとり鮎はいい餌になります。どじょうは当たりにくいのであまりオススメできません。

活きアジの大きさ

徳市さんのアジはヒラメ用なのでやや大きめです。通常はそれでも充分根魚も食ってきます。 ただ渋い状況の時(特に天気が悪い日など)はそれでは食いが悪く、港で釣った豆アジの方が当たるということもたまにあります。

豆アジは渋くても当たりやすいのですが、ほんの小さい根魚も当たってしまい、逆に型のいいのが釣れにくくなることもあります。 また死にやすいので数を確保しておく必要があります。

大きい活きアジしかなくてそれでは食いが悪いという場合、二本バリ仕掛けを使い、上に活きアジ、下に小さめの冷凍エサを使うと、 大きい餌でアピールしておいて小さい餌で食わすという作戦がとれます。冷凍エサは小さめのイワシやキビナゴなどが使えます。

活餌の管理

船上での小アジの管理は、それ用のクーラー(50L以上が望ましい)とエアポンプを準備できる方はそれをご使用ください。エアポンプを使っていても水温が上がって死んでしまいます。まめに新鮮な水を入れてやるか、凍らせたペットボトルやジップロックに少量の氷(船の氷を使っていただいて構いませんが集合時間までは使えませんのでご注意を)を入れたものを浮かべて、水温が上がらないようにしてください。

小アジ用のクーラーを準備できない方は、こうゆう丸で準備する共用の大型クーラーの中で活かします。小アジが必要な時はそのクーラーから少量づつ自分の釣り座へ持っていってください。

アジ泳がせ釣りの釣り方

餌をハリに付ける

小アジの口の中から鼻の方に向かって上あごにハリを刺します。 ほんの小さい豆アジサイズなら背がけの方が刺しやすいかも知れません。 背びれ付近に浅くかけてください。アジが小さければ孫バリは刺さなくてもいいです。大きめのアジならば、尻ビレ付近か背ビレ付近に孫バリを刺してください。

この作業はアジを水につけたまま、できるだけ弱らせないようにやって下さい。

船の移動中は、バケツなどでアジを泳がせて弱らないようにして下さい。

アジ泳がせ釣りの釣り方

仕掛けを落とします。底についたら巻き上げて、アジが底から1~2m位上を泳ぐようにして下さい。5m以上上でも食ってくる位です。 あまりタナを下げすぎるとかえって釣れないことも多いです。根魚と言うと底べったりを狙う人が多いのですが、魚は上を見ているため、餌が下にあると視界に入りにくいのです。また低いタナに置きっぱなしにしていると根がかりが多くなってしまいます。

根がかり防止と誘いの意味で、まめに底を取り直して下さい。重要ポイントです。誘わないとなかなか食ってくれない事もありますし、 良型の根魚はいいところに餌を落とし込んでやった方が釣れる確率がアップします。 ドスンと落とさずにスルスルと、巻き上げる時もゆっくりゆっくりやってください。 時には10mとか相当上まで誘い上げても面白いです。結構上まで追っかけてきますよ。置き竿でも全然釣れないという事ではないのですが、 可能ならライトタックルの手持ちで積極的に誘う方がアタリも出やすいし楽しいですよ。

アジが死んでしまったら、新しいものに変えて下さい。死んだアジは活きエサがなくなった時のために一応とっておきます。もし死んだエサ(冷凍餌でも同様)を使う時は、オモリの捨て糸を極端に短くして、オモリのだいぶ下に付けエサが来るようにした方が当たりやすいです。そして常に誘いをかけてください。

オモリが底の根にコツンコツンと当たっているのをアタリと間違える事がよくあります。そのままで様子を見ていると高確率で根がかりします。 言葉では説明しにくいのですが、とにかく小さいアタリが続くだけで全然乗らないような時は底に当たっている可能性を考えてみてください。

ボタン:ヒラメ釣りのページへ

アタリがあったら

アタリがあって魚が乗ったと思われるようなら、ゆっくりめに竿を立てて、魚の重みを確認しながら聞き合わせをしてから巻き上げます。瞬間的にガツンと合わせない方がいいです。ハリには餌の活きアジがついているので、ハリがかりしにくく、ガツンと合わせるとすっぽぬけしやすいのです。

餌のアジが小さい時は一気に飲み込むので、いきなり大きいアタリが来ることが多いです。こういう時はすぐに聞き合わせをして大丈夫です。 逆に待ちすぎると根にもぐられてしまいます。 のったらできるだけ速やかに根から離して下さい。断続的に小さいアタリが出るような場合は、(以下記載の)餌が大きめの場合と同じように十分食い込ませてから聞き合わせしてください。

餌のアジが10cmを超える場合は、餌を十分食い込ませるために、前アタリの後の本アタリを待ちます。 アタリがあったら魚に違和感を与えないよう少し竿先を下げて、食い込むのを待ちます。 一段と大きなアタリがあったり、そろそろ十分食い込んだなと思われる頃に、 魚の重みを確かめるようにゆっくり大きく竿をあげてハリがかりさせます。

大物やヒラメはタモですくってもらいましょう。

キジハタは成長が遅い魚です。しかも最初はメスで大きくなるとオスに変わります。30cm位に成長してやっと卵が産めるようになるそうです。メスの可能性が高い小さいものはキープせずに逃がしてあげてください。 船長の個人的な考えですが30cmに満たないものはリリースしてくださると幸いです。 30cm以上であっても、キープする数があまり多くならないようにご配慮ください。 釣り始めに小さめのものが釣れた場合はオケに生かしておいて、大きいものが釣れた時点で逃がしてあげてください。 その際オケの水はまめに足してあげて、キジハタが死なないように十分注意してください。 型のいいキジハタが狙えるこの釣り場を守っていけるように、ご協力をお願いします。

ボタン:小さい魚を逃がす方法へ

アジ泳がせ釣りの動画

お客さんが釣っているシーンの動画をご覧ください。

美味しくいただく

美味しさは個人の好みによるので一概に言えませんが、根魚は基本的に数日寝かせてから食べた方が旨味が増して美味しいと思います。

ボタン:キジハタ食べ方のページへ ボタン:クロソイ食べ方のページへ ボタン:キツネメバル食べ方のページへ ボタン:ヒラメ食べ方のページへ ボタン:ウッカリカサゴ・カサゴ食べ方のページへ ボタン:メバル食べ方のページへ ボタン:マゴチ食べ方のページへ ボタン:ホウボウ食べ方のページへ ボタン:アイナメ食べ方のページへ ボタン:クロソイとキツネメバルの見分け方 ボタン:熟成させてから食べるへ
関連記事
ボタン:ヒラメ釣りのページへ ボタン:釣具屋さんのご紹介へ ボタン:ライトタックルとは?へ ボタン:魚の肝を美味しく食べましょうへ ボタン:魚の皮を美味しく食べましょうへ ボタン:魚のアラを美味しく食べましょうへ