船釣りで釣ったイナダ・ワラサ・ブリの食べ方・料理法をご紹介しています。

イナダ・ワラサ・ブリの食べ方・料理法

このページの目次

こうゆう丸のいいトコロ
ボタン:こうゆう丸のホームページは役立つ記事がいっぱいへ ボタン:こうゆう丸は座席間隔が広いへ

イナダ・ワラサ・ブリとは

ブリ写真画像

ブリは皆さんご存知かと思います。釣りをしない人はイナダ・ワラサは知らないかも知れません。 ブリは出世魚と言って、成長して大きくなるに連れて呼び名が変わっていきます。 (標準和名は小さくても大きくてもあくまでもブリです。) 地域によって呼び名は変わりますが、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリとなります。

因みに能生ではこれがツバイソ→フクラギ→ワラサ→ブリとなりますが、 こうゆう丸のサイト内ではわかりやすいように関東の呼び名を採用しています。 さらにこうゆう丸の基準では、大体1kg未満をワカシ、3kg未満をイナダ、 7kg未満をワラサとしています。

ジギングがメインになりますが、コマセマダイ釣りやひとつテンヤ、タイラバなどでも外道で上がります。

ボタン:ジギング ボタン:ひとつテンヤ ボタン:タイラバ ボタン:マダイ釣り ボタン:アジ五目・ウイリー五目 ボタン:サビキ五目 ボタン:ヒラマサとブリの見分け方

イナダ・ワラサ・ブリが最も美味しい時期

イナダ・ワラサ・ブリは大体11~1月にかけてが最も美味しい時期です。 ただし、なるべく数日熟成させてから食べることをおすすめします。

胴回りの大きい寒ブリは間違いなく脂も乗って美味しいです。

ワラサは旨味が多いものとそうでないものと個体差があります。大きいから美味しいというものでもありません。 なるべく頭が小さく胴が大きいものが美味しいです。

イナダは小さいからと言ってバカにできません。1kg位のものでもやはり胴が大きいものは下手なワラサよりも美味しいです。 サイズで決めつけない方がいいです。

それ以外の時期も

それ以外の時期はベイトによりますね。イワシを豊富に捕食していれば高い確率で美味しいです。 ただ、そうでなくても新鮮な魚ですから、まずいという事はないですよ。 料理によって美味しくすることもできますし。

イナダ・ワラサ・ブリを初めて食べるなら

脂ののった美味しい個体ならば厚めに切った刺身をおすすめします。 もし刺身で食べてみてイマイチだったら、調味料をごま油+塩に変えてみてください。脂を補ってだいぶ美味しく変わります。

もし脂ののりがイマイチだとわかっている場合は、ヅケカルパッチョがいいと思います。

その他のおすすめイナダ・ワラサ・ブリ料理

一般的に代表的な料理だと、照り焼き、カマの塩焼き(脂ののった奴はホントに美味しい)、 ブリ大根、ブリしゃぶフライ(タルタルソースがおすすめ)などです。

その他は、昆布締め甘露煮 しょうが焼き、西京焼き、 竜田揚げ天ぷら、 胃袋の甘辛煮、トマト煮南蛮漬けみぞれ鍋冷しゃぶりゅうきゅうアヒージョ皮せんべい、ブリ飯、ブリ茶漬けなど。

内臓なども美味しくいただけますので、捨てずに召し上がってみてください、

脂のノリが少ない時期は油を使った料理やヅケなどがオススメです。

イナダ・ワラサ・ブリ料理に関するお客様からの情報

以下は、お客様からいただいた情報です。ありがとうございます。 寒ブリに関しては美味しくて当たり前なので、あんまりご感想はいただけてないですね(汗)